【公共料金】イオンカードで携帯料金を支払うメリットは?お得なキャンペーンも?

年会費無料で発行できるイオンカードは、公共料金の支払いでお得にポイントを獲得することができます。

毎月の携帯料金をイオンカードで支払うことで、どのようなメリットがあるのでしょうか。

 

今回は、イオンカードで利用料金を支払うことができる携帯会社や

イオンカードで携帯料金を支払うメリットをまとめてご紹介していきます。

 

現在WEB限定で1,500円相当のポイントプレゼントキャンペーン実施中

↓新規入会は以下バナーから↓



【携帯料金支払いでお得?】イオンカードってどんなカード?

 

イオンカードは、ショッピングセンターイオンやグループ各店でのお買い物がとてもお得になるクレジットカードです。

 

【イオンカードの魅力】

  • イオングループ各店でときめきポイント還元率1%
  • 毎月20日、30日に5%オフ
  • イオンシネマがお得に(ミニオンズなら1,000円)

 

さらにカラオケ店やレンタカーなどで優待を受けることもできます。

魅力たっぷりのカードですが、年会費も入会金も無料です。

 

【イオンカードについては以下で】

節約嫌いの貯金術

イオンカードセレクトは、他のイオンカードにはない魅力があります。今回は、イオンカードセレクトならではの特徴や魅力をまとめ…

 

【携帯料金もイオンカードで!】貯まるポイントは?還元率は?

 

イオンカードで携帯料金を支払うと、支払い額に応じたときめきポイントが貯まります。

ときめきポイントは、1,000ポイント以上からお好きな商品・金券・ポイントと交換が可能なポイントです。

 

ときめきポイントの還元率は0.5%(200円ごとに1ポイント)となっており、

クレジットカードのポイント還元率としては平均的です。

 

ただし、イオンカードはイオングループではときめきポイントの還元率が1%になるので、

イオンでよくお買い物される方はポイントが貯まりやすいでしょう。

 

毎月1万円の携帯料金を支払うと、以下のようにポイントが貯まります。

  • 10,000×0.5%=50ポイント

1か月で50ポイント1年間で600ポイントのときめきポイントが貯まります。

 

【携帯料金もイオンカードで!】支払うことができる携帯会社は?

 

携帯料金をイオンカードで支払うことができるのは、以下の6社です。

 

イオンカードで支払い可能な携帯会社

  • docomo
  • au
  • SoftBank
  • Y!mobile
  • UQmobile
  • イオンモバイル

 

このうち、イオンモバイルはイオンカードでの支払い手続きを

イオンの店頭で申し込むことができます。

 

その他の携帯会社については、以下のいずれかの方法で支払い方法の変更を行いましょう。

  • 電話で手続き
  • 店頭で手続き
  • ネットで手続き

 

【イオンカード】携帯料金をイオンカードで支払うメリットは?

 

携帯料金をイオンカードで支払うことでどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

イオンカードで携帯料金を支払うメリット

  1. ときめきポイントが貯まる
  2. 他料金とまとめて支払いができる
  3. キャンペーンでポイントがもらえる※時期による

 

それぞれのメリットについて詳しくご紹介していきます。

 

【イオンカード】携帯料金をイオンカードで支払うメリットその1:ときめきポイントが貯まる

 

イオンカードで携帯料金を支払うと、前述の通り200円ごとに1ポイントのときめきポイントが貯まります。

貯まったときめきポイントは、以下のような商品・金券・ポイントに交換が可能です。

 

【ときめきポイント交換可能商品】(一部抜粋)

  • イオン商品券
  • JCBギフトカード
  • JALマイル
  • dポイント
  • WAON ポイント
  • Suicaへのチャージ

 

1年間携帯料金を支払うと結構なポイントが貯まるので、

上記のような商品券やポイントに交換することもできそうですね。

(いずれも1,000ポイント以上から交換可能)

 

【イオンカード】携帯料金をイオンカードで支払うメリットその2:他料金とまとめて支払いができる

 

イオンカードで支払うことができる公共料金は、携帯料金だけではありません。

他にも電気代やガス代、水道料金やNHK受信料など様々な公共料金をイオンカードで支払うことができます。

 

1つ1つの公共料金を別々に口座引き落としにすると、

支払日がバラバラで管理が面倒ですよね。

 

イオンカードなら、支払日(引き落とし日)は毎月2日の1回のみです。※締め日は毎月10日

毎月1回の引き落としなら、管理も楽になりますよ。

 

【イオンカード】携帯料金をイオンカードで支払うメリットその3:キャンペーンでポイントがもらえるかも

 

イオンカードでは、公共料金支払いのキャンペーンを行っている場合があります。

実際に、現在は以下のキャンペーンが実施されています。

 

【キャンペーン概要】

期間:2021年3月19日(金)〜2021年6月30日(水)

対象:キャンペーン期間中に、下記3STEPを全て満たした方

特典:最大2,500WAON POINT(1加盟店:1,000ポイント、2加盟店:2500ポイント)※

※イオンJMBカードは最大1,250マイル(1加盟店500マイル、2加盟店1250マイル)

ポイント贈呈時期:2021年12月請求明細

 

 

【キャンペーン参加の3STEP】

  1. 暮らしのマネーサイトにログインし、キャンペーンに応募する
  2. 対象加盟店の支払いに、イオンマークのカードのクレジット払いを新たに登録
  3. 登録カードのクレジット払いにて、期間中に合計80,000円(税込)以上ショッピング

 

【キャンペーン対象店舗】

(電気)

  • コスモでんき
  • 東京電力
  • 関西電力
  • 中部電力
  • 東北電力
  • 九州電力
  • 中国電力
  • 北海道電力
  • 四国電力
  • 北陸電力
  • 沖縄電力
  • F-Power
  • 丸紅新電力
  • サミットエナジー

(携帯電話)

  • イオンモバイル
  • ソフトバンク(Y!mobile含む)
  • NTTドコモ
  • au
  • UQモバイル
  • LINEモバイル
  • YAMADA AIR MOBILE

 

 

 

イオンカードセレクトなら、口座振替でもポイントが貯まる?

 

イオン銀行キャッシュカード一体型のイオンカードセレクトなら、

公共料金をクレジット払いではなく、口座振替で支払ってもポイントが貯まります。

ポイント特典:1件につき5WAONポイント

 

還元率が低くなるのでおすすめはしませんが、

「どうしてもクレジット払いより口座振替がいい!」という方でも、

イオンカードセレクトならポイントを貯めることができますよ。

 

【補足】携帯料金の支払いはイオンカードよりも高還元率カードがおすすめ?

 

ときめきポイントを効率よく貯めたいという方にとっては、

携帯料金をイオンカードでクレジット払いすることにメリットがあるでしょう。

 

とはいえ、イオンカードのポイント還元率は0.5%と決して高くはありません。

毎月の携帯料金をよりお得に支払うなら

ポイント還元率1%以上の高還元率クレジットカードの方がおすすめです。

 

【当サイトおすすめの年会費無料の高還元率カード】

  • JCB CARD WOkiDokiポイント還元率1%、39歳以下限定で発行できる、スタバ(5.5%還元)、セブンイレブン(最大2.5%還元)などの優待店が充実
  • リクルートカードリクルートポイント還元率1.2%、じゃらんやホットペッパービューティーをお得に使える
  • 楽天カード楽天ポイント還元率1%、楽天市場でお得に使える

 

上記のほか、公共料金の支払いにおすすめしたいクレジットカードについては、以下の記事でご紹介しています。

節約嫌いの貯金術

クレジットカードを発行する際に、ポイント還元率を重視するという方も多いでしょう。 特にメイン決済として使用するクレジット…

 

【まとめ】イオンカードは携帯料金支払いでもポイントがもらえる!

 

今回は、イオンカードで携帯料金を支払うメリットをまとめてご紹介してきました。

イオンカードなら、毎月の携帯料金の支払いでもポイントが貯まります。

 

ポイント還元率は0.5%で高くはありませんが、

イオングループの利用頻度が高く、ときめきポイントを効率的に貯めたい方は

イオンカードで携帯料金を支払ってみてはいかがでしょうか。

 

WEB限定!新規入会&利用で今なら最大5000円相当のポイントもらえます↓