イオンカードの特徴とは?16のメリットと知っておきべき2つのデメリットまとめ

年会費無料で発行できるイオンカードは、

全国のイオン系列のお店でお得に買い物が楽しめる

クレジットカードです。

 

今回は、イオンカードの特徴や発行するメリット、

発行前に知っておくべきデメリットについてまとめて紹介していきます。

 

WEB限定!新規入会&利用で今なら最大5000円相当のポイントもらえます↓



目次

【年会費無料でメリットだらけ!】イオンカードの特徴

 

イオンカードは、ショッピングセンターイオンや

そのほかグループ各店でのお買い物がとてもお得になるクレジットカードです。

【イオンカードの主な特徴】

  • イオングループ各店でときめきポイント還元率1%
  • イオングループ対象店舗で毎月20日、30日に5%オフ
  • イオンシネマの映画観賞券が300円割引(1,500円)で購入できる(ミニオンズなら1,000円)

 

さらにカラオケ店やレンタカーなどで優待を受けることもできます。

魅力たっぷりのカードですが、年会費も入会金も無料です。

 

また、イオンカードは券面デザインが豊富で、

ミニオンズデザインやディズニーデザインのカードも人気があります。

 

カード種類は全部で53種類(2021年3月現在)あるので、どのカードを発行すべきか

迷ってしまう方も多いでしょう。

 

人気のカードについて、特徴を簡単に紹介します。

 

【イオンカードの種類】※一部抜粋

名称 どんなカード? どんなデザインがある?
イオンカード(WAON一体型)
クレジット機能と電子マネーWAON機能が1枚になったカード
  • シンプルな券面(紫の券面、左下に犬のキャラクター)
  • トイ・ストーリーデザイン
  • ミッキーマウスデザイン
  • TGCデザイン
イオンカードセレクト
 

  • クレジット機能・電子マネーWAON・イオン銀行キャッシュカードの1枚3役のカード
  • イオン銀行の口座を持っていなくても、カード発行と同時に口座開設される
  • シンプルな券面(紫の券面、左下に犬のキャラクター)
  • トイ・ストーリーデザイン
  • ミッキーマウスデザイン
  • ミニオンズ
イオンJMBカード
  • JALマイレージバンクと電子マネーWAONが一体になったカード
  • カードショッピング200円(税込)ごとにJALのマイルが貯まる
 

 

デザインは1つのみ

 

 

イオンSuicaカード
  • 「Suica」と「イオンカード」が一体になったカード
  • WAON機能なし
  • たまったときめきポイントでSuicaにチャージ可能

 

デザインは1つのみ

 

【補足】イオンカードセレクトの場合、引き落とし口座を選べません(イオン銀行のみ)

 

ちなみに私(@himeoka0104)は、イオンカードセレクト(ミニオンズ)を保有しています。

WAONへのオートチャージ設定でポイントが貯まり、映画も1,000円で観られるので満足しています。

 

【イオンカードのメリット】その1:毎月20日・30日はイオンで5%オフ

 

ここからは、具体的なメリットの内容について詳しく紹介していきます。

 

イオンカード会員なら、毎月20日と30日のお客様感謝デーには、

イオングループ対象店舗での買い物が5%OFFになります。

 

10,000円の買い物なら500円も安くなるので大変お得です。

お客様感謝デーは、イオンやイオンモールだけでなく、以下の店舗でも開催されています。

 

【お客様感謝デー開催店舗】(一部抜粋)

  • イオン
  • イオンスタイル
  • マックスバリュ
  • ザ・ビッグ
  • ビブレ
  • マルナカ
  • ダイエー
  • グルメシティ
  • サンデー

 

上記店舗では、食料品だけでなく日用品も5%OFFになります。

 

【イオンカードのメリット】その2:イオングループでポイント2倍!

 

一般的なクレジットカードの還元率は0.5%です。

イオンカードも、イオングループ対象店舗以外でクレジット決済した場合のポイント還元率は0.5%となります。

 

ただし、イオングループ対象店舗なら、ポイントはいつでも2倍です。

クレジット決済でたまるときめきポイントが200円ごとに2ポイント還元されます。

 

ポイント還元率は1%になります。

さらに、毎月開催のポイントアップデーには、さらにお得に買い物することが可能です。

 

毎月10日はイオングループでポイント5倍の「ありが10デー!」

 

イオングループ対象店舗でのポイント還元率が常に2倍の1%になるイオンカードですが、

毎月10日の「ありが10デー」には、還元率が2.5%(200円ごとに5ポイント)になります。

 

イオングループ各店でお得なイオンカード!

 

イオンカードは、イオングループ各店でお得なカードです。

ポイント5倍デーや10倍デーなどを独自に開催している店舗もありますよ。

 

【マックスバリュでのイオンカード活用は以下の記事で】

節約嫌いの貯金術

イオンカードは、マックスバリュでもお得に活用することができます。今回は、イオンカードを使ってマックスバリュでお得に買い物…

 

【ダイエー・グルメシティでのイオンカード活用は以下の記事で】

節約嫌いの貯金術

イオンカードは、イオンだけでなくダイエーやグルメシティでもお得なカードです。今回は、年会費無料で発行できるイオンカードを…

 

【マルナカでのイオンカード活用は以下の記事で】

節約嫌いの貯金術

イオンカードは、マルナカでもお得に活用することができます。今回は、イオンカードを使ってマルナカでお得に買い物する方法や、…

 

 

【イオンカードのメリット】その3:毎月10日はイオン以外でもポイント2倍!

 

イオンカードのときめきポイントは、毎月10日の「ときめきWポイントデー」には、

イオングループ以外の使用でもポイント還元率が2倍になります。

 

その日にクレジット決済を使用すると、イオングループ以外のお店でも

ポイント還元率は1%(200円ごとに2ポイント)となります。

 

【イオンカードのメリット】その4:55歳以上なら毎月15日にも5%オフ!

 

イオンカードは20日、30日にイオングループの対象店舗で5%OFFで買い物ができます。

さらに55歳以上の会員なら、毎月15日の「G.G感謝デー」にも5%OFFになります。

 

55歳以上の方なら、毎月15日、20日、30日の計3日間はイオンでお得にお買い物ができるようになりますよ。

 

【イオンカードメリット】その5:ネットショッピングでポイント最大10%還元

 

「イオンカードポイントモール」を経由してネットショッピングを利用すると

ときめきポイントの還元率が最大10%になります。

 

ポイント還元率はショップや時期によって異なります。

 

【イオンカードポイントモール経由でのポイント還元率】※一部抜粋(2021年3月時点)

  • 楽天市場:+0.5%
  • Yahoo!ショッピング:+0.46%
  • オンワード・クローゼット:+1%
  • 三越伊勢丹オンラインストア:+1%
  • meeco(三越伊勢丹のコスメ・化粧品ストア):+2.5%
  • 髙島屋オンラインストア:+1.43%
  • コミックシーモア:+4.16%
  • ロクシタンオンラインショップ:+3%
  • じゃらん:+1%

ここに記載していない多数のオンラインショップでもお得に買い物することができます。

また、ネットショッピングをしなくても、ゲームやガチャでポイントを貯めることができるので、

イオンカード会員の方は確認してみてはいかがでしょうか。

 

イオンカードポイントモール(外部サイト)】

 

 

【イオンカードのメリット】その6:イオンシネマで300円割引

 

イオンカードの会員であれば、イオンシネマで300円割引で映画を観ることができます。

通常1,800円の鑑賞券を1,500円で購入することができます。※一部劇場では通常1,700円が1,400円になる。

 

さらに、毎月20日、30日のお客様感謝デーは映画観賞券を1,100円で購入することができます。

通常料金よりも700円~600円もお得になりますね。

 

また、イオンカードの中でも以下の3つのカードなら、イオンシネマの鑑賞料金がいつでも1,000円になります。

【イオンシネマ鑑賞券を1,000円で購入できるイオンカード】

  • イオンカードセレクト(ミニオンズ)
  • イオンカード(ミニオンズ)
  • イオンカード(TGCデザイン)

イオンシネマで映画をよく観るという方は、上記のいずれかのカードの発行がおすすめです。

 

【ミニオンズカードの優待情報については以下の記事で】

節約嫌いの貯金術

イオンカードやイオンカードセレクトには、ミニオンズデザインのカードがあります。このミニオンズでデザインのイオンカードは可…

 

【イオンカードのメリット】その7:家族カードも年会費無料!

 

イオンカードの家族カードは年会費無料で発行することができます。

家族カードは3枚まで発行することができ、本会員とほぼ同じサービスを受けることができます。

(ただし、G.Gカードの家族カードであっても特典が受けられるのは55歳以上の会員のみ)

 

家族カードが発行できるのは、本会員と生計を共にする配偶者・親・子供(18歳以上で高校生を除く)です。

 

請求金額を一括して口座引き落としが可能で、ポイントもまとめることができるので、とても便利です。

 

【イオンカードのメリット】その8:ETCカードも年会費無料!

 

年会費無料のイオンカードは、ETCカードも年会費無料で発行できます。

また、ETCゲートで車両が損傷した場合のお見舞金制度(保険)も自動で付帯されます。

 

ETCゲートで開閉バーに衝突し、車両を損傷した事故に対し、年1回、一律5万円分のお見舞金が支払われます。

年会費無料でありながら保険までついてくるのはうれしいですね。

 

【イオンカードのメリット】その9:優待が充実している!

 

イオンカードでお得なのは、イオングループの店舗だけではありません。

レンタカーやカラオケ店などでもイオンカード会員限定の割引や優待を受けることができます。

 

【イオンカードで優待がある施設・店舗】(一部抜粋)※2021年3月時点

  • カラオケ館
  • ビックエコー
  • ニッポンレンタカー
  • トヨタレンタカー
  • H.I.S
  • ドミノピザ
  • よみうりランド
  • 那須サファリパーク
  • 鴨川シーワールド
  • マリンワールド海の中道

 

上記の施設や店舗はほんの一部です。

この他にも多数のお店で割引や優待を受けることができます。

 

優待店・施設については、こちら(イオンマークのカードの優待特典公式サイト)でご確認ください。

 

【イオンカードのメリット】その10:ショッピング保険が付いてる!

 

イオンカードは年会費無料でありながら、ショッピング保険が自動付帯されています。

補償限度額は、年間50万円です。(ゴールドカードは年間300万円まで)

 

イオンカードでクレジット決済により購入した1品5,000円以上の商品が対象となります。

偶然による事故(破損事故、火災事故、盗難事故)で購入日から180日以内に被害を受けた場合に補償してくれます。

 

通常、クレジットカードに付帯されているショッピング保険は90日以内が対象となっているものが多いので、

イオンカードの保険は期間が長めに設定されています。

 

ただし、WAON、Suica等、クレジット決済以外でのお支払い分は対象外となります。

また、一部対象外商品(貴金属類・コンタクトレンズ・自転車等)があるので注意が必要です。

 

購入時のレシートがないと補償されないので、高額商品を購入した際には必ずレシートをとっておきましょう。

 

【イオンカードメリット】その11:WAONが使える!オートチャージでポイントが貯まる!

 

イオンカードの中でも、

を発行した場合は、電子マネーWAONも使うことができます。

 

WAONの加盟店は全国約79万か所(2021年1月現在)。

 

イオン系列のお店だけでなく、コンビ二やドラッグストア、サービスエリアや空港売店などでも使える電子マネーです。

 

また、イオンカード一体型のWAONなら、あらかじめオートチャージの設定が可能です。

 

オートチャージの設定をしておくと、対象店舗での決済時に

一定金額を下回っていた場合、同時にクレジットカードからWAONに自動でチャージされるので、チャージの手間が省けます。

 

さらに、イオン銀行キャッシュカード一体型のイオンカードセレクトならWAONへのチャージでもポイントが貯まります。

還元率は0.5%(200円チャージごとに1ポイント)となっていて、月間のチャージ金額に応じてポイントが付与される仕組みです。

 

WAONは決済金額200円ごとに1ポイントが付与されるので、イオンカードセレクトなら合計の還元率は1%になります。

さらに、貯まったポイントは1ポイントからWAON残高にチャージすることが可能です。

 

【イオンカードのメリット】その12:対応機種ならイオンiDが使える!

 

イオンカードを持っていて、おサイフケータイ対応の機種をお使いの方なら、

電子マネーiDの利用代金をイオンカードで引落できる「イオンiD」というサービスが利用できます。

 

利用にあたってはカードの発行とは別に申し込みが必要となります。

一部イオンiDが申し込めないイオンカードもあるので事前に確認しておきましょう。

 

 

【イオンカードのメリット】その13:タッチ決済(非接触型決済)が使える!

 

コンタクトレスマークが付いたイオンカードなら、

国際ブランドに応じたタッチ決済(非接触型決済)が使えます。

 

【イオンカードで使えるタッチ決済】

  • VISAタッチ決済
  • Mastarcardコンタクトレス
  • JCBコンタクトレス

 

タッチ決済なら、暗証番号の入力やサインも不要でスピーディに決済することができます。

 

 

【イオンカードのメリット】その14:国際ブランドが選べる

 

年会費無料で発行できるカードは、クレジットカードの国際ブランドが選べない場合もあります。

例えば、エポスカードはVISAのみしか発行できません。

 

イオンカードなら、以下の国際ブランドのクレジットカードを発行することができます。

 

【イオンカードで発行可能な国際ブランド】

  • JCB
  • VISA
  • MasterCard

※一部カード(ディズニーデザインカード、ミニオンズなど)は、発行可能なブランドが限られています。

お手持ちのクレジットカードに合わせて、国際ブランドを選択することも可能です。

例:楽天カードがVISAだから、イオンカードはMatarcardに…

 

【イオンカードのメリット】その15:年会費無料でゴールドカードが発行できるかも

 

イオンカードは、年間クレジット決済金額が100万円以上になると、ゴールドカードが発行できるようになります。

条件を満たせば、年会費無料でゴールドカードの発行が可能です。

 

イオンカードのゴールドカードには、以下の2つの特典があります。

  • 海外旅行傷害保険(最高5,000万円)、国内旅行傷害保険(最高3,000万円)、ショッピングセーフティ保険(年間300万円まで)が無料付帯
  • 全国のイオンラウンジや空港ラウンジサービスが利用可能

 

年会費無料でゴールドカードが発行できるのはかなりお得です。

ちなみに、私(@himeoka0104)は年会費無料で発行できるエポスゴールドカードを保有しています。

は、イオンカードよりもインビテーションの条件が低いといわれているので、無料でゴールドカードを発行したい方にはおすすめです。

詳細は以下の記事で↓

節約嫌いの貯金術

エポスカードでは、ゴールドカードの年会費が永年無料になるインビテーションが存在します。エポスカードのインビテーションの条…

 

 

【イオンカードのメリット】その16:即日発行も可能!

 

イオンカードは、店頭受け取りサービスを利用することで、イオングループで使える即日発行カード(仮カード)の受け取りが可能です。

(本カードは後日郵送で届きます。

 

20、30日のお客様感謝デーなど、「すぐにイオンカードが手元に欲しい!」という時には、

店頭受け取りサービスを利用して即日発行を行いましょう。

 

また、イオンウォレット即時発行を利用すれば、最短5分で審査が完了し、アプリでカード番号などを管理できます。

(カードは後日郵送で届きます。)

 

イオンカードを即日発行したい場合には、目的に合わせて、

以下の2つの即日発行サービスを利用しましょう。

  • イオン店舗で使えるカードを即日発行したい方:店頭受取サービス
  • ネットショッピング、ApplePayやイオンiDで使えるカードを即日発行したい方:イオンウォレット即時発行

 

 

【イオンカード即日発行については以下の記事で】

節約嫌いの貯金術

イオンカードは、店頭受け取りサービスの利用で即日発行が可能です。ただし、イオンカードの即日発行を可能にする店頭受け取りサ…

 

【イオンカード】年会費無料でメリットだらけ?デメリットはないの?

 

ここまでイオンカードのメリットをご紹介してきましたが、イオンカードにはデメリットはないのでしょうか。

 

もちろん、イオンカードにもデメリットはあります。

 

今回ご紹介するイオンカードのデメリットは以下の2つです。

【イオンカードのデメリット】

  • イオングループ以外では、ポイント還元率が0.5%
  • ときめきポイントは1,000ポイントからしか使えない

 

それぞれについて詳しくご紹介します。

 

【イオンカードのデメリット】その1:イオングループ以外のポイント還元率が高くない

 

イオンカードは、イオングループ対象店舗ではお得にポイントを貯めることができます。

  • クレジット決済:ときめきポイント還元率1%
  • WAON決済:WAONポイント還元率1%+イオンカードセレクトからのオートチャージで+0.5%

 

 

ただし、それ以外の店舗でのポイント還元率は、クレジット決済もWAON決済も0.5%です。

 

以下のように、

年会費無料でもポイント還元率が1%以上ののクレジットカードはたくさんありますから、イオンカードは「高還元率カード」とは言い難いです。

 

【年会費無料のポイント高還元率カード】

それぞれのカードの魅力は以下の記事で紹介しています↓

節約嫌いの貯金術

クレジットカードを発行する際に、ポイント還元率を重視するという方も多いでしょう。 特にメイン決済として使用するクレジット…

 

 

そんな中、イオンカードはイオングループ以外でのお買い物はポイント還元率が低いのが現状です。

イオン以外では上記の高還元率カードを使う方がお得ですよね。

 

 

【イオンカードのデメリット】その2:ときめきポイントは1,000ポイント貯めなきゃいけない

 

イオンカードのクレジット決済で貯まるときめきポイントは、1,000ポイント以上貯めないと使えません。

 

1,000ポイントためると、イオンのお買い物券やJCBギフトカードに交換できるほか、

dポイントやJALのマイレージへの交換も可能になります(その他景品にも交換可能)。

 

しかし、イオングループでポイント還元率1%、その他の店舗でのポイント還元率0.5%の

ときめきポイントを1,000ポイント貯めるのは、なかなか大変です。

 

イオングループのみでの使用でも10万円の買い物が必要になります。

 

ときめきポイントはなかなか貯めることができないにも関わらず、1,000ポイント以上貯めないと交換もできないので、

1ポイントから使えるWAONポイントを貯めることをおすすめします。

 

WAONポイントは、イオンカードセレクトからのオートチャージならイオングループ各店でポイント還元率1.5%になるので、

ときめきポイントよりも貯めやすいのも魅力です。

 

【WAONポイントの貯まりやすさは以下の記事で】

節約嫌いの貯金術

イオンカードには、クレジットカード決済で貯まるときめきポイントと、電子マネーWAON決済でたまるWAONポイントの2種類…

 

【イオンカード】メリットだらけで迷う!どのカードを選ぶべき?

 

メリットだらけのイオンカードですが、カードの種類があまりにも豊富なので、

どのカードを発行すべきか迷ってしまう方も多いでしょう。

【イオンカードの種類】(一部抜粋)

  • イオンカード(WAON一体型)
  • イオンカードセレクト
  • イオンカード(G.Gマーク付き)
  • イオンカードセレクト(トイ・ストーリーデザイン)
  • イオンカードセレクト(ミッキーマウスデザイン)
  • イオンカードセレクト(ミニオンズ)
  • イオンJMBカード(JMB WAON一体型)
  • イオンSuicaカード
  • コスモ・ザ・カード・オーパス
  • コジマ×ビックカメラカード(コジマポイントカード・WAON一体型)
  • スポーツオーソリティカード
  • ツルハドラッグカード

 

このほかにもたくさんの種類のイオンカードが発行されています。

 

例えば、JALのマイルを貯めたいなら「イオンJMBカード(JMB WAON一体型)」、

ガソリンを会員価格でいれたいなら「コスモ・ザ・カード・オーパス」というように、

目的に合わせて発行するカードを選ぶことができます。

 

イオンで買い物×高還元率を狙うなら、イオンカードセレクトがおすすめ!

 

イオングループでのお買い物にイオンカードを利用したい、

WAON加盟店でWAONを使いたいという方には、イオンカードセレクト

がおすすめです。

 

イオンカードセレクトは、以下の4つの機能が1枚のカードになっています。

  • イオンカード(クレジットカード)
  • 電子マネーWAON
  • イオン銀行キャッシュカード
  • WAON POINTカード

 

他のイオンカードとの大きな違いは、イオン銀行のキャッシュカードとしての機能が備わっていることです。

そのため、イオンカードセレクトを発行することで自動的にイオン銀行の口座が開設されます。

 

イオンカードセレクトには、他のイオンカードにはない以下のメリットがあります。

【イオンカードセレクトならではのメリット】

  • WAONへのオートチャージでポイントが貯まる(200円につき1ポイント)
  • 公共料金の支払いで1件につき毎月5WAONポイント
  • イオン銀行を給与振込口座にして毎月10WAONポイント

イオン銀行は、イオン銀行ATMでの入出金手数料が24時間365日無料で、

ゆうちょ銀行やみずほ銀行のATMも時間内手数料無料で利用できます。

 

イオンカードセレクトを発行するだけで口座開設ができるので、面倒な解説手続きは必要ありません。

イオングループの各店舗にはイオン銀行ATMがあるので、入出金も便利です。

WAONチャージ専用銀行としても活用できます(私はそうしてます)。

 

【まとめ】イオンで買い物するならイオンカード!メリットだらけで損なし!

 

今回は、イオンの年会費無料のクレジットカード、イオンカードのメリットとデメリットをまとめてご紹介してきました。

イオンで買い物する機会がある方なら、イオンカードを発行して損はありません。

 

【今回の記事まとめ】

(イオンカード16のメリット)

  1. 毎月20日、30日はイオングループ各店で5%オフ(お客様感謝デー)
  2. イオングループならいつでもポイント2倍(クレジット決済もWAON決済も還元率1%
  3. 毎月10日はイオングループ各店でポイント5倍(2.5%還元)、その他のお店でもポイント2倍(1%還元)
  4. 55歳以上の会員は、イオングループ各店で毎月15日も5%オフ(G.G感謝デー)
  5. イオンカードポイントモール経由でネットショッピングでも最大10%還元
  6. イオンシネマで割引あり 対象カード(イオンカードセレクトミニオンズなど)ならいつでも1,000円
  7. 家族カード年会費無料
  8. ETCカード年会費無料
  9. カラオケ店やレジャー施設などの優待が充実
  10. 年間50万円のショッピング保険付き
  11. 電子マネーWAONが使える。イオンカードセレクトならチャージでもポイントが貯まる。
  12. イオンiDが使える
  13. タッチ決済(VISA/Mastarcard/JCB)が使える
  14. 国際ブランドが選べる
  15. 年間費無料でゴールドカードが発行できる(条件あり)
  16. 即日発行に対応している

(イオンカード2つのデメリット)

  1. 通常ポイント還元率0.5%で高還元とは言えない
  2. ときめきポイントは1,000ポイント以上貯めないと使えない

 

 

クレジット決済でも電子マネー決済でもポイントが貯まるほか、イオン以外の施設や店舗でも優待を受けることができ、

さらにネットショッピングもお得に楽しむことができます。

 

イオンカードセレクトからのオートチャージを活用すれば、イオングループ各店で常時1.5%還元も可能なので、

イオングループ各店を利用する機会がある方には、特におすすめですよ。

 

WEB限定!新規入会&利用で今なら最大5000円相当のポイントもらえます↓