【自動車保険】ASV割引(AEB割引)があるダイレクト型損害保険会社はどこ?

自動車保険の保険料が割引になる、ASV割引(AEB)割引は、

2018年から適用され始めた割引制度ですが、全ての保険会社で適用されるわけではありません。

 

 

ASV割引が適用されれば、保険料が9%も割引になるため、

年間保険料に大きな差額がでます。

 

 

そこで今回は、ASV割引が適用されるダイレクト型自動車保険会社をご紹介していきます。

 

【自動車保険】ASV割引(AEB割引)とは?

 

それではまず、ASV割引について説明します。

ASV割引とは、自動車保険を契約する車が、条件を満たした先進安全自動車である場合にのみ適用される割引制度です。

 

ASV割引の対象となるのは、以下の3つの条件をすべて満たした車です。

  • 自家用普通乗用車、自家用小型乗用車、自家用軽四輪乗用車
  • メーカー標準装備またはメーカーオプションの衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)が搭載されている車
  • 発売から3年以内の型式の車(ただし、自家用軽四輪乗用車は期間制限なし)※

 

いわゆる自動ブレーキ搭載車を対象とする割引制度なので、

保険会社によっては自動ブレーキ(AEB)割引という名称の割引を適用する場合もあります。

 

※型式の発売年月日が、保険始期日の属する年度の3年前の4月以降の車が対象となります。

 

【自動車保険】ASV割引(AEB割引)の割引率は?保険会社によって違う?

 

自動ブレーキ搭載車の自動車保険の保険料が安くなるASV割引は、

自動車保険会社によって割引率に差はありません。

 

代理店型の自動車保険会社も、ダイレクト型の自動車保険会社も、

保険料の割引率は一律9%です。

 

そのため、代理店手数料が不要で保険料が安くなる

ダイレクト型自動車保険会社で、さらにASV割引が適用される保険会社なら、保険料を大幅に節約できる可能性が高いのです。

 

【自動車保険】ASV割引(AEB割引)が適用されるダイレクト型保険会社は?

 

それでは早速、ASV割引(AEB割引)が適用されるダイレクト型自動車保険会社をご紹介していきます。

 

【2019年5月現在】

  • ソニー損保
  • アクサダイレクト
  • SBI損保
  • 三井ダイレクト損保
  • イーデザイン損保
  • おとなの自動車保険
  • チューリッヒ(2019年1月~)

 

人気の高いダイレクト型自動車保険会社では、ほとんどASV割引が導入されているようです。

損保業界全体として、ASV割引の導入が始まった2018年1月には、代理店型の自動車保険会社と比較して

適用される会社が少なかったのですが、現在ではほとんどの会社で導入されているようですね。

 

 

【自動車保険】ASV割引(AEB割引)の適用には申し込みは必要?

 

自動車保険の保険料が9%も割引になるASV割引。

対象となる車は限られているものの、保険料がお得になるので、適用もれは防ぎたいです。

 

ASV割引は、自動的に適用されるため、申し込みは必要ありません。

自動車保険の見積もり時や申し込み時に車検証に記載された車の型式を入力することで、

対象車かどうかを自動車保険会社が判断し、自動的に割引が適用されます。

 

もし不安なであれば、保険会社の担当者に申し込みの際に確認をとりましょう。

 

【自動車保険】ASV割引(AEB割引)の適用が終わると、保険料が高くなる?

 

ASV割引(AEB割引)の適用対象となるのは、

発売年月日から3年以内の車のみです。

 

それでは、ASV割引の適用期間を過ぎた車の保険料はいきなり9%高くなるのでしょうか。

 

自動車保険会社は、

損害保険料率算出機構が算出した「型式別料率クラス」を参考にした料率により、

自社で保険料を算出しています。

 

この「型式別料率クラス」は、車の型式ごとの事故率や被害額などの保険実績をもとに算出される料率クラスで、

発売直後の車は、この「型式別料率クラス」に反映する実績がほとんどありません。

 

そのため、自動ブレーキを搭載していて安全性が高く事故率が低い車であっても、「型式別料率クラス」にその安全性が反映されないため、ASV割引を適用するという措置がとられています。

 

発売から3年経つと、その車の契約の保険実績が出ます。

それにより「自動ブレーキ搭載車のA車は、事故率が低い」といった結果が得られれば、

ASV割引(AEB割引)の適用期間を終えてからも、保険料が高くなるのを避けられる可能性が高いのです。

 

 

【自動車保険】ASV割引(AEB割引)を適用して、保険料を安く!

 

今回は、ダイレクト型自動車保険の中でASV割引(AEB割引)が適用される自動車保険会社はどこなのかをご紹介してきました。

保険料が9%も割引になるASV割引は、適用対象車の方なら、重要視したい割引制度です。

 

保険料が安いダイレクト型自動車保険会社のなかでも、ASV割引が適用される会社を選びましょう。

また、保険料の算出基準は会社により異なるため、保険料の節約には複数社の見積もりが欠かせません。

 

ASV割引が適用される会社の中でも、契約するお車にぴったりの保険会社を見つけましょう。

 

自動車保険の複数社見積もりを楽にする方法はないの?

 

自動車保険の複数社の見積もりには手間も時間もかかります。

自動車保険の見積もりは、入力するものが多くて大変ですよね。

複数社の見積もりを取る際には、≪保険の窓口インズウェブ≫自動車保険一括見積もりサービスなどの

一括見積サービスを活用することをおすすめします。


実際にわたしも上記サイトで複数社見積もりを依頼し、保険料が安いダイレクト型自動車保険の契約をしました。

年間保険料を2万円以上節約することができました。

※その際、メールアドレスは広告メールが来ても困らないアドレスを入力することをおすすめします。

 

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!