自動車保険は任意なのに必要?自賠責保険との違いとは?

自動車を保有する方が加入する保険には、2種類あります。

自動車保険(任意保険)を自賠責保険(強制保険)です。

 

法律的には、自動車保険に加入しなくてもよいのです。

それでも、自動車を所有する人の7割以上が、自動車保険(任意保険)に加入しているというデータがあります。

 

なぜ自動車保険に加入している人が多いのでしょうか。

今回の記事では、自動車保険の必要性について考えていきます。

自動車保険は任意保険!自賠責保険は強制保険!

 

自動車保険への加入は任意となっていますが、自賠責保険はそうではありません。

 

自賠責保険への加入は、法律によって義務付けられているため、

自賠責保険は強制保険と呼ばれます。

 

自動車を使用する場合には、

  • 損害保険会社で契約する自動車損害賠償責任保険
  • 共済組合で加入する自動車損害賠償責任共済

のいずれかの自賠責保険に加入する必要があるのです。

 

そのため、「1円でも節約したいから、自賠責保険にも加入しない!」というのは法律違反になります。

通常、車検に自動的に加入させられているので、車検がある自動車を保有している方は、加入や更新を忘れる心配はありません。

 

任意保険なのに自動車保険加入率が高いのはどうして?

 

法律で強制されていない任意加入の自動車保険ですが、7割の方が加入しているといわれています。

なぜこんなにも加入率が高いのでしょうか。

 

それは、自賠責保険の補償のみでは、いざというときの補償として不十分だからです。

自賠責保険の保障内容は、以下の通りです。

 

【自賠責保険の保障内容】

対人補償(死亡) 対人補償(後遺障害) 対人補償(傷害)
3,000万円まで 4,000万円まで 120万円まで

 

ご覧の通り、相手方への対人補償のみで、対物補償や、自分自身への補償はまったくありません。

 

また対人補償の保険金額にも限度があり、これだけでは不十分だといえます。

 

いざというときに困らないためにも、

加入が任意であるとはいえ、補償内容が充実している自動車保険に加入する人が多いのです。

任意で加入する自動車保険にはどのような補償があるの?

 

自賠責保険だけでは、いざというときの補償としては不十分であるとご紹介しました。

 

一般的に、任意で加入する自動車保険では、以下のような補償を受けることができます。

  • 相手方への対人・対物補償(無制限)
  • 相手方との示談交渉サービス
  • 自分自身のケガ・死亡への補償
  • 自分自身の車の補償

 

任意加入の自動車保険の場合、対人・対物補償が無制限なだけではなく、

ケガへの補償もしっかりあるの安心です。

 

事故を起こしてしまったときに困らないためにも、

自賠責保険だけでなく任意の自動車保険へ加入しておきましょう。

任意で加入する自動車保険なら、自由に補償内容を設定できる!

 

自賠責保険の補償内容は、各保険会社ごとに違いはありません

すべての保険会社で全く同じ内容となっています。

また、自賠責保険の保険料も、すべての保険会社で一定の金額となっているため、違いはありません。

 

しかし、任意で加入する自動車保険はそうではありません。

補償内容や保険料には、保険会社ごとに差があります。

 

そのため、任意で加入する自動車保険の場合には、比較検討が必要になるのです。

 

また、任意で加入する自動車保険には、ニーズに合わせて特約を付加することも可能です。(特約の名称は一例です。)

  • 自転車事故も補償対象となる個人賠償責任特約
  • 示談交渉がスムーズにいかなかった場合の弁護士費用を補償する弁護士費用特約
  • 相手方の車の時価額が修理費用を下回る場合に使用できる対物超過修理費用特約

など、ニーズに合わせて様々な特約を付加することで、自分に合わせた補償内容にカスタマイズすることができるのです。

 

特約を付加できるのは、自賠責保険にはない魅力といっていいでしょう。

 

自賠責保険だけでは不十分!任意の自動車保険への加入を!

 

今回は、強制保険である自賠責保険と、加入が任意であるにも関わらず加入率が高い自動車保険との違いを簡単にご紹介してきました。

 

いざ事故を起こしてしまうと、自賠責保険の補償だけでは不十分です。

相手方への対物補償や、自分の車の補償も必要になるでしょう。

自分が怪我をしてしまったら、治療費もかかります。

 

自動車を安心して運転するためにも、保障内容が充実している任意の自動車保険への加入をおすすめします。

また、保険料を節約したいなら、ダイレクト型の自動車保険への加入をおすすめします。

 

たくさんの自動車保険会社があり、1社ずつ見積もりを依頼するのは大変なので、

≪インズウェブ≫自動車保険一括見積もりサービスなどの見積もりサービスを利用すると簡単です。



わたしも、上記サイトから見積もりを依頼して、保険料が安かった某ダイレクト型自動車保険に加入しました。

年間保険料は2万円以上安くなりましたよ!

最新情報をチェックしよう!