【キャッシュレス還元事業】スマホ決済・クレジットカードどれがお得?

 

2019年10月から経産省主導の「キャッシュレス・ポイント還元事業」がスタートしました。

対象店舗でキャッシュレス決済を使うと、最大5%の還元が受けられるというサービスです。

 

キャッシュレス還元事業の対象となるキャッシュレス決済は

公式HPから確認することができます。

 

今回は、キャッシュレス還元事業の対象キャッシュレス決済について、

還元の方法や上限金額などの情報をまとめてご紹介します。

 

【キャッシュレス還元事業】どんな決済方法が対象となる?

 

キャッシュレス還元事業の対象となるのは、制度に登録されているキャッシュレス決済のみです。

以下のようなキャッシュレス決済のうち、登録されているものは還元の対象となります。

 

  • クレジットカード
  • デビッドカード
  • 電子マネー
  • スマホ決済(QRコード決済)

 

【キャッシュレス還元事業】いつからいつまでが対象期間?

 

消費税増税に合わせて行われる今回のキャッシュ還元事業の対象期間は、

2019年10月~2020年6月までとなっています。

 

9か月間に渡って、最大5%の還元が受けられるのは大きいですよね。

 

【キャッシュレス還元事業】どんなお店で還元が受けられる?

 

キャッシュレス還元事業の対象となるのは、中小・小規模事業者のうち、

登録を受けた店舗のみです。

 

中小・小規模事業者での還元率は5%、フランチャイズ店などでは2%となります。

 

ただし、コンビニ大手3社(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート)は、

フランチャイズ店だけでなく本社運営の店舗でも2%還元(値引き)を同時に実施することを

発表しています。

 

対象店舗の調べ方は、以下の3つがあります。

 

 

【キャッシュレス還元事業】クレジットカード会社の対応まとめ

 

続いては、それぞれのキャッシュレス決済の対応状況についてご紹介します。

 

キャッシュレス還元事業対象カードその1:三井住友カード

 

三井住友VISAクラシックカードなどを発行する三井住友カードは以下のように

キャッシュレス還元事業に参加することを発表しています。

 

還元方法 請求額から減算
還元上限額 15,000円/月
還元時期 利用日から2~3ヵ月程度
備考 家族カード、iDやApple Payの利用などはすべて合算

 

1か月あたりの還元上限額は15,000円となっているので、以下の金額までは還元の対象です。

  • 5%還元の対象店舗:30万円
  • 2%還元の対象店舗:75万円

 

ただし、家族カードやiD、ApplePayでの決済も合算される点には注意しましょう。

 

三井住友カードは、キャッシュレス還元事業での還元分とは別に

利用金額の20%キャッシュバックが受けられます。

 

【詳しくは以下で】

節約嫌いの貯金術

三井住友カードが20%キャッシュバックキャンペーンを開催中です。今回は、20%キャッシュバック対象の三井住友カードや、キ…

 

【三井住友カードの発行は以下から】

 

 

キャッシュレス還元事業対象カードその2:JCBカード

 

日本で唯一の国際ブランド、JCBが発行するクレジットカードも

キャッシュレス還元事業の対象となります。

 

還元対象となるのは、会員番号が「354」から始まるJCBクレジットカードです。

 

還元方法 請求額から減算(※)
還元上限額 15,000円/月
還元時期 翌月10日(15日締め)
備考 QUICPayおよびApple Pay、Google Pay(TM)での支払いも対象

※カード利用額に還元率(5%もしくは2%)をかけ合わせた値をポイントとして贈呈の上、
1ポイント=1円として計算し、金融機関の口座からの振替時に相殺される仕組み

 

1か月あたりの還元上限額は15,000円となっているので、以下の金額までは還元の対象です。

  • 5%還元の対象店舗:30万円
  • 2%還元の対象店舗:75万円

 

JCBカードの場合は、本会員と家族会員それぞれの上限金額が15,000円までとなります。

 

さらにJCBカードはキャッシュレス還元事業での還元分とは別に

スマホ決済(Apple Pay、Google Pay)の利用額の20%分のキャッシュバックが受けられる

キャンペーンを実施しています。

 

【詳しくは以下で】

節約嫌いの貯金術

JCBが20%キャッシュバックキャンペーンを開催中です。今回は、20%キャッシュバック対象のJCBカードや、キャンペーン…

【カードの発行は以下から】

JCBオリジナルシリーズ

 

補足:JCB CARD Wならいつでも5%還元のキャンペーン中

 

JCBが発行する年会費無料・39歳以下限定のクレジットカード、

JCB CARD Wは、JCB一般カードと比較してポイント2倍の高還元率カードです。

 

そんなJCB CARD Wは、新規入会から3か月間ポイント10倍(5%)になるキャンペーンを開催しています。

キャッシュレス還元事業の還元分とは別に5%分のポイント還元が受けられるのでかなりお得です。

 

もちろん、スマホ決済(Apple Pay、Google Pay)の利用額の20%分のキャッシュバックを受けることもできます。

 

【キャンペーン公式サイトは以下から】

JCBオリジナルシリーズ

 

JCB CARD Wのメリット・デメリットは以下の記事で】

節約嫌いの貯金術

JCB CARD Wは年会費無料で発行できる人気のクレジットカードです。今回はJCB CARD Wのポイント還元率やメリ…

 

キャッシュレス還元事業対象カードその3:楽天カード

 

ポイントの貯まりやすさで人気の楽天カードも、キャッシュレス還元事業の対象カードです。

 

還元方法 楽天スーパーポイント(通常ポイント)で贈呈
還元上限額 15,000ポイント/月
還元時期 翌々月22日
備考 家族カード利用分も本会員に還元される

 

カード決済で還元されるポイント(還元率1%)とは別に、キャッシュレス還元事業での還元分のポイントが付与されます。

 

ただし、ポイント付与の時期が異なります。

  • カード決済分のポイント:翌月15日ごろ
  • キャッシュレス還元事業での還元分:翌々月の22日

 

1か月あたりの還元上限ポイントは15,000ポイント(15,000円相当)

となっているので、以下の金額までは還元の対象です。

  • 5%還元の対象店舗:30万円
  • 2%還元の対象店舗:75万円

 

ちなみに、楽天市場のショップの中でもキャッシュレス還元事業の対象店舗があります。

還元率は5%です。

 

楽天カードは楽天市場でポイントがお得に貯まるクレジットカードなので、

キャッシュレス還元事業の還元分と合わせるとかなりお得になりますよ。

 

【楽天カードの発行は以下から】

 

【楽天カードのメリット・デメリットは以下の記事で】

節約嫌いの貯金術

楽天カードは、年会費無料で発行できる人気のクレジットカードです。そんな楽天カードにはどんなメリット・デメリットがあるので…

 

 

【キャッシュレス還元事業】スマホ決済各社の対応まとめ

 

続いては、スマホ決済各社の対応状況です。

 

キャッシュレス還元事業対象スマホ決済その1:PayPay

 

毎月お得なキャンペーンを実施している人気のスマホ決済、PayPayもキャッシュレス還元事業の対象です。

 

還元方法 PayPayボーナスとして付与
還元上限額 25,000円相当/回・月
還元時期 翌月20日前後
備考 同時にキャンペーン開催

 

PayPayの通常還元率(※)は、3%から1.5%に引き下げられました。(10月1日から)

※PayPay残高・Yahoo!JAPANカードでの支払いの場合

 

ただし、10月1日~11月30日までは、キャッシュレス還元事業の対象店舗でPayPayを利用すると

最大10%の還元が受けられる「まちかどペイペイ」キャンペーンが開催されます。

 

【まちかどペイペイ第1弾 概要】

 

キャンペーン期間中に、対象店舗PayPayを利用すると、以下の還元が受けられる。

 

キャッシュレス還元事業の還元分 PayPayボーナス(通常還元分) まちかどペイペイでの還元分 合計還元率
5%もしくは2% 1.5% 3.5% 最大10%

ただし、最大10%の還元が受けられるのはPayPay残高・Yahoo!JAPANカードでの支払いのみです。

 

また、まちかどペイペイでの還元分は1回あたりの付与上限が1,000円相当(20,000円決済分)となります。

 

キャッシュレス還元事業対象スマホ決済その2:LINEPay

 

LINEアプリで簡単に決済できるLINEPayも、キャッシュレス還元事業の対象です。

 

還元方法 LINEPayボーナスとして付与
還元上限額 30,000円相当/月
還元時期 即時付与(※)
備考 LINE Pay カード、QUICPay+の支払いも対象

※LINE Pay カード、QUICPay+での支払い分は翌月付与

 

LINEPayには、月間の利用額に応じて還元率が変わるマイカラー制度があります。

還元率は0.5%~最大2%です。

 

合計で最大7%の還元を受けることができます。

 

【マイカラー制度については以下の記事で紹介しています】

節約嫌いの貯金術

スマホ決済サービス、LINEPayには、独自のインセンティブプログラムがあります。今回は、LINEPayのマイカラープロ…

 

 

キャッシュレス還元事業対象スマホ決済その3:楽天ペイ

 

楽天カードと紐づけで5%還元キャンペーンを9月末まで実施していた楽天ペイは、

なんと10月以降は楽天カード以外のクレジットカードの支払いでも5%還元となります。

 

ちなみに、楽天カード紐づけなら6%還元なので、9月までよりさらにお得になります。

 

また、楽天ペイは以下の通りキャッシュレス還元事業に参加します。

還元方法 楽天スーパーポイント(通常ポイント)として付与
還元上限額 (5%の店舗):25,000ポイント/回

(2%の店舗):10,000ポイント/回

還元時期 翌々月末日
備考 通常分ポイントの付与なし

 

楽天ペイの決済で獲得できる通常分のポイント(還元率0.5%)は付与されません。

1回ごとの付与上限ポイントはありますが、月あたりの上限金額がないのも大きな特徴です。

 

さらに、楽天ペイでは、キャッシュレス還元事業の対象外店舗・2%還元対象の店舗でも

合計5%の還元となるキャンペーンを2019年12月2日(月)9:59まで実施します。

 

ただし、キャンペーン分のポイントの付与上限は3,000ポイントとなっています。

 

【キャッシュレス還元】対象クレジットカード・スマホ決済どれを使うのがお得?

 

ここまでご紹介してきたキャッシュレス決済は以下の6つです。

名称 区分 還元上限 キャンペーン
三井住友カード クレジットカード 15,000円/月 新規入会で20%キャッシュバックなど
JCBカード クレジットカード 15,000円/月 スマホ決済で20%キャッシュバック

ポイント最大30倍(JCB CARD W)など

楽天カード クレジットカード 15,000ポイント/月 新規入会で5,000ポイント
PayPay スマホ決済 25,000円相当/回・月 同時開催キャンペーンで最大10%還元
LINEPay スマホ決済 30,000円相当/月
特になし・マイカラー制度で最大7%還元
楽天ペイ スマホ決済 1回あたり最大25,000ポイント(5%)、10,000ポイント(2%) 同時開催キャンペーンで還元事業対象外店舗でも5%還元

 

10月1日~11月30日までは、最大10%の還元が受けられるPayPayが1番お得ですね。

 

ただし三井住友カードも20%キャッシュバックの入会キャンペーンを行っていますし、

QUICPayが使えるお店では、JCBカードのスマホ決済で20%のキャッシュバックが受けられます(新規入会でなくてもOK)。

 

各社とも10月のキャッシュレス還元事業のスタートに合わせて様々なキャンペーンを展開しています。

 

【キャッシュレス還元事業】対象となる決済方法は店ごとに異なるので注意!

 

キャッシュレス還元事業で確実にポイント還元を受けるためには、

必ずお店の方に「この決済方法は還元対象ですか?」と確認するようにしましょう。

 

特に、中小・小規模事業者においては、還元対象となる決済方法が限られている場合が多いです。

 

「VISA/JCB/MasterCardのクレジットカード」が使えるお店であっても、

還元対象となるのはVISAのみということも珍しくありません。

 

スマホ決済も同様に注意が必要です。

「楽天ペイとPayPayが使えます」と書いてあるお店で

「PayPayはまだ還元対象ではないんです。」と言われたことがあります。

 

せっかくキャッシュレス決済をしたのに、消費者還元事業(キャッシュレス還元事業)の対象でなかったら

損をした気分になりますよね。

 

必ず支払い前にお店の方に確認をとりましょう。

 

【まとめ 】クレジットカード・スマホ決済を活用して還元を受けましょう!

 

今回は、10月1日スタートのキャッシュレス還元事業の対象となる決済方法について

各社の対応状況をまとめてご紹介しました。

 

クレジットカード2社(三井住友カード・JCB)では実質値引きを受けることができますが、

スマホ決済PayPayの高還元率キャンペーンも気になりますね。

 

キャッシュレス還元事業の対象店舗で使える決済方法でなければいけない点にも注意しながら、

上手にキャッシュレス決済を活用し、お得に還元を受けましょう。

 

 

最新情報をチェックしよう!