【キャッシュレス】ケーズデンキで使えるスマホ決済・電子マネーは?

 

ケーズデンキは、全国に500店舗以上展開する家電量販店です(2020年3月現在)

 

ケーズデンキでは、どのようなスマホ決済・電子マネーを使用できるのでしょうか。

また、ポイントは貯まるのでしょうか。

 

今回は、ケーズデンキのキャッシュレス事情をまとめてご紹介します。

 

【スマホ決済・電子マネー】ケーズデンキのポイントカードは?あんしんパスポート?

 

ケーズデンキには、独自のポイントサービスはありません。

その代わり、「あんしんパスポート」と呼ばれる会員サービスが提供されています。

 

ケーズデンキのあんしんパスポートは、年会費・入会金無料で、以下のサービスを受けることができます。

【あんしんパスポートサービス内容】

  • 会員限定価格に現金値引き(基本値引き率は5%)
  • 長期無料保証に加入できる(10年間・5年間・3年間)
  • 商品のリコールに対応できる(買い物データが保存される)
  • 購入商品に合わせて消耗品を紹介してもらえる

 

各種キャッシュレス決済を行う場合にも、ケーズデンキの「あんしんパスポート」を提示することで、

会員価格まで値引きを受けることができます。

 

【スマホ決済・電子マネー】ケーズデンキで使えるスマホ決済は?

 

ケーズデンキでは、いくつかのスマホ決済サービスを使用することもできます。

続いては、ケーズデンキで使えるスマホ決済サービスをご紹介します。

 

【ケーズデンキで使えるスマホ決済サービス】

  • LINEPay
  • PayPay
  • d払い
  • 楽天ペイ
  • メルペイ
  • auPAY
  • Aripay
  • WeChatPay

 

主要スマホ決済サービスをほとんど使うことができます。

貯めているポイントに合わせて、スマホ決済サービスを使い分けることもできますね。

 

【スマホ決済・電子マネー】ケーズデンキで使える電子マネーは?

 

ケーズデンキでは、

電子マネー楽天Edyを使用することができます。

 

その他の電子マネーはケーズデンキで使うことはできません。

ケーズデンキではiDやQUICPayといった電子マネーや交通系電子マネーは使えないので注意しましょう。

 

【スマホ決済・電子マネー】ケースデンキでクレジットカードは使える?

 

ケーズデンキでは、各種クレジットカードによる決済も可能です。

 

【ケーズデンキで使えるクレジットカード一覧】

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • アメックス(AMEX)
  • Diners

 

JCBの加盟店なのでLINEPayカードによる決済も可能です。

また、MasterCardも使えるので、auWALLETプリペイドカードも使えます。

 

【スマホ決済・電子マネー】ケーズデンキのキャッシュレス決済はどれがお得?

 

ケーズデンキでは、各種スマホ決済や電子マネーによる決済が可能です。

還元率を比較すると、どの決済方法が最もお得なのでしょうか。

 

ケーズデンキでは、以下のキャッシュレス決済の活用がおすすめです。

 

d払い+高還元率クレジットカードで合計1.5%還元!

 

スマホ決済とクレジットカードの組み合わせで使いたいなら、d払いの活用がおすすめです。

d払いなら、dカード以外のクレジットカードでdポイントの還元率は0.5%以上なので、ポイントの二重取りが可能となります。

 

PayPayや楽天ペイでは、ポイントの二重取りができません。(※PayPayは、Yahoo!JAPANカードのみ二重取り可)

 

また、d払いの支払い元は、還元率1%以上のクレジットカードを活用しましょう。

 

高還元率のクレジットカードで特におすすめなのは、以下の2つです。

 

いずれも基本の還元率は1%となっていて、年会費無料です。

ただし、JCB CARD Wは39歳以下の方しか入会できません。

 

ちなみに、楽天市場で頻繁に買い物をするなら、楽天カードがおすすめですし、

Amazonの利用頻度が高いならJCB CARD Wがおすすめです。

 

【2つのカードの比較記事は以下から】

節約嫌いの貯金術

楽天カードとJCB CARD Wはどちらも年会費無料です。そんな2つのカードにはどのような違いがあるのでしょうか。今回は…

 

PayPayを毎月50回以上、10万円以上使えば還元率1.5%!

 

PayPayの利用頻度が高く、以下の2つの条件を達成できる方は、ケーズデンキでもPayPayを使えば1.5%の還元(PayPay残高の付与)が受けられます。

  • 100円以上の決済を50回/月以上利用
  • 10万円/月以上利用

 

PayPayは使えるお店が多いので、日用品や食料品をすべてPayPay決済にすれば、

10万円という金額も不可能な数字ではないでしょう。

 

ただし、PayPay残高の付与上限は、7,500円相当/回・15,000円相当/月となっている点に注意が必要です。

1回50万円以上の買い物や、1ヶ月に100万円以上PayPay決済すると還元率は1.5%未満になってしまいます。

 

ちなみに、PayPayならアプリダウンロード&銀行口座登録ですぐ使えるのでお買い物当日でも間に合います。

  • アプリ(iOS版)ダウンロードはこちら
  • アプリ(Android版)ダウンロードはこちら

【まとめ】ケーズデンキはスマホ決済や電子マネーが使える!割引も!

 

今回は、家電量販店のケーズデンキでどのようなキャッシュレス決済が使用できるのかをご紹介してきました。

ケーズデンキでは、各種スマホ決済や電子マネー楽天Edyを使用して決済することができます。

 

会員証あんしんパスポートを提示することで、割引を受けることができます。

キャッシュレス決済を使用して、家電製品を

ケーズデンキでお得に購入してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

最新情報をチェックしよう!