【スマホ決済】d払いのメリット・デメリットをユーザー目線でまとめてみた

d払いは、NTTドコモが提供するスマホ決済サービスです。

dポイントが貯まることで、人気のサービスとなっています。

 

その一方で

楽天ペイやPayPayなどの他のスマホ決済と比較すると

デメリットもあるのも事実です。

 

そこで今回は、実際に使ってみて感じた、d払いの

メリット・デメリットをまとめてご紹介します。

 

【スマホ決済】d払いとはどんな決済方法?ポイントが貯まるの?

 

それでは早速、d払いがどのような決済方法なのかをご紹介します。

 

d払いとは、NTTドコモが提供するスマホ決済サービスです。

 

支払い方法は、以下の5つから選ぶことができます。

 

  • 月々の電話料金と合算して請求(ドコモユーザーのみ)
  • dカードによる決済
  • 他社クレジットカードによる決済
  • 銀行口座・セブン銀行ATM・コンビニで残高チャージ
  • dポイントでの決済

 

ドコモユーザー以外でも

d払いアプリをダウンロードの上

dアカウントを取得することでd払いのサービスを利用することができます。

 

また、決済金額200円ごと(インターネットショッピングで利用の場合は100円ごと)に1ポイントの

dポイントを獲得することができます。

 

【スマホ決済】d払いのメリットまとめ

 

d払いを使ってみて感じるメリットは以下の3つです。

  • アプリをダウンロード&登録するだけでポイントがもらえる
  • クレジットカードのポイントと二重取りができる
  • お得なキャンペーンがある

 

その他、dカード会員の方、ドコモユーザーの方ならメリットも多くなるでしょう。

(私はdカードを持っておらず、格安スマホUQmobileユーザーです)

 

それぞれのメリットについて簡単にご紹介します。

 

d払いのメリットその1:アプリをダウンロード&登録でポイントがもらえる!

 

d払いは、「はじめてボーナス」というキャンペーンを開催しています。

 

【はじめてボーナスキャンペーン】

期間:2019年10月31日まで

特典:エントリーの上、以下の条件を満たすとdポイントをプレゼント

  1. d払いアプリの利用設定で:100ポイント
  2. 初回決済月に2回以上かつ2,000円以上の決済をすると:900ポイント

 

「d払い」専用アプリの登録方法は?
スマートフォンからアプリをダウンロード後、以下の手順で登録します。
  1. アプリ起動時に表示される規約に同意し、ログイン画面に進む
  2. dアカウントでログインする(dアカウントを持っていない場合は、「dアカウントを発行する」をタップし、発行する)
  3. 「職業」「利用目的」を設定する
  4. クレジットカード情報を入力する

 

NTTドコモのユーザーでない場合には、「d払い」の利用にあたって、「dアカウント」の作成が必要となります。

 

d払いのメリットその2:クレジットカードのポイントと二重取りができる

 

d払いの支払い方法のうち、クレジットカード支払いを設定すると、

  • 紐づけしたクレジットカードのポイント
  • d払い決済で貯まるdポイント

の二重取りが可能になります。

 

dカード以外のクレジットカードも紐づけができるので、

例えば還元率1%JCB CARD Wをd払いに紐づけし、

 

月間1,000円d払い決済を(街のお店で)使うと、

  • d払いのポイント:5ポイント(dポイント 5円相当)
  • JCB CARD Wのポイント:2ポイント(OkiDokiポイント 10円相当)

 

合計15円相当(還元率1.5%)のポイントが貯まります。

 

d払いのメリットその3:お得なキャンペーンがある

 

d払いは、20%還元キャンペーンなど、大型のキャンペーンを不定期で開催しています。

現在は、ドラッグストアでの買い物で10%還元が受けられるキャンペーンを開催しています。

 

ただし、これまでのキャンペーンと異なり

「dカード以外のクレジットカードでの決済が対象外」となっているのでちょっと残念です。

 

【キャンペーン概要】

期間:2019年11月1日~11月14日

条件:エントリーの上、対象のドラッグストアでd払い決済をすること

特典:買い物金額の10%分のポイント還元

付与上限:1回あたり500ポイント、期間全体で2,000ポイント

注意事項:dカード以外のクレジットカード決済やdポイント決済は対象外

 

【スマホ決済】d払いのデメリットまとめ

 

続いては、d払いのデメリットをいくつか挙げます。

 

d払いを使ってみて感じるデメリットは以下の2つです。

  • dカードユーザーのみのキャンペーンがある
  • 一部サイト(Amazonなど)での決済はドコモ会員しか使えない

 

d払いの場合、NTTドコモのスマホユーザーかつdカードユーザーのみが

還元率がアップするキャンペーンが多くなっています。

 

例えば、現在は以下のキャンペーンが実施されています。

【dカードお支払い割で5%還元キャンペーン】

期間:2019年10月1日~2020年3月31日

対象:月末時点でdカードお支払割(※)が適用されているdカード/dカード GOLD/DCMX/DCMX GOLD会員

※定期契約なしの「ギガホ」「ギガライト」「ケータイプラン」契約し、スマホ利用料金の支払い方法をdカード/dカード GOLD(家族カード含む)に設定すると適用されます。

特典:決済ポイント1%に加え、キャンペーン特典4%のdポイントを進呈

 

 

【d払いのデメリット】楽天ペイやPayPayの方がお得?

 

楽天ペイは、楽天カードを持ってれば合計6%還元になるキャンペーンを実施していますが、

楽天カード以外のクレジットカード紐づけでも5%還元の対象となるので、d払いよりもお得です。

 

【詳しくは以下の記事で】

節約嫌いの貯金術

楽天ペイでは、キャッシュレス還元事業に合わせて5%還元キャンペーンが開催されています。今回は、楽天ペイのキャンペーンの内…

 

 

PayPayは、Yahoo!JAPANカード以外の他社クレジットカードを利用すると

PayPayボーナスの還元がありません。

 

ただし、セブン銀行ATMやから簡単に現金チャージ・銀行口座からのチャージができ(これ自体はd払いでも可能)、

チャージした残高で支払ってもキャンペーンの対象となる場合が多いです。

現在は、街のお店で最大10%返ってくるキャンペーンを実施しています。

 

 

【スマホ決済】d払いはどんなお店で利用できる?コンビニ?スーパー?

 

続いては、「d払い」が利用できる主な店舗についてご紹介していきます。

 

コンビニ

  • セブンイレブン
  • ローソン・ローソンストア100
  • ファミリーマート
  • ポプラ
  • ミニストップ など

ドラッグストア

  • ウエルシア
  • ハッピードラッグ
  • ツルハドラッグ
  • くすりの福太郎
  • レディ薬局
  • ドラッグ新生堂
  • マツモトキヨシ
  • ミドリ薬品 など

その他ショッピング

  • 髙島屋(新宿・大阪・京都)
  • タワーレコード
  • ケーズデンキ
  • エディオン
  • JINS
  • メガネスーパー
  • ビックカメラ
  • ソフマップ
  • コジマ など

 

家電量販店やファッションブランドでも、続々と使用できるお店が増えています。

「d払い」を使用できるお店は日々増えているので、公式サイトや専用アプリから最新の情報をチェックしてみてください。

 

「d払い」をお店で使うときの決済方法は?
「d払い」のアプリを使用して、お店で「d払い」で決済する際は、以下の方法で行います。
  1. お店の人に「d払いでお願いします。」と言う
  2. 「d払い」のアプリを起動する
  3. QRコード及びバーコードを表示させる
  4. 専用機械にかざす、もしくはお店の人に読み取ってもらう
  5. 決済完了

 

バーコードを表示させるだけで、簡単に決済を完了させることができます。

 

【スマホ決済】d払いはネットでも利用可能!ポイント還元率が高い!

 

d払いは、

街の店舗で利用することで、200円(税込)につき1ポイントのdポイントが貯まります。

 

そんなd払いは、インターネットでのショッピングにも利用できます。

 

インターネットショッピングでの決済の場合は、

100円(税込)につき1ポイントのdポイントが貯まる仕組みとなっているので、

還元率は1%となり、2倍のポイントが貯まる仕組みとなっています。

 

「d払い」をインターネット決済で使うときの決済方法は?
インターネット決済の場合は、以下の方法で決済します。
  1. d払い決済に対応したサイトの支払い方法選択画面で、d払い選択する
  2. 決済内容確認画面で4ケタのパスワードを入力する
  3. 手順に沿って購入手続きを完了させる

 

インターネット決済の場合は、「d払い」のアプリを起動したり、クレジットカード番号を入力したりする必要はありません。

 

【スマホ決済】d払いはどんなインターネットショッピングで利用できる?

 

ポイントの還元率が1%と高く、魅力的な「d払い」での決済ですが、どのようなサイトで対応しているのでしょうか。

2019年3月現在、以下のようなサイトが「d払い」の決済に対応しています。

 

「d払い」決済に対応しているインターネットショッピングサイト

  • Amazon
  • 絵本ナビ
  • カルディコーヒーファーム公式オンラインショップ
  • コスメランドオフィシャル店
  • コンビショップ
  • ショップジャパン
  • 髙島屋オンラインストア
  • 大丸松坂屋オンラインショッピング
  • ディズニーストア
  • ノジマオンライン
  • minne
  • メルカリ
  • ラクマ など

大手百貨店の公式オンラインストアや、フリマアプリなど、様々なサイトで「d払い」による決済を利用することができます。

 

【まとめ】d払いなら決済がスムーズに!使えば使うほどお得!

 

今回は、キャッシュレス化が進む中で注目の「d払い」について、様々な情報をご紹介しました。

「d払い」の魅力は大きく以下の3つです

  • アプリをダウンロード&登録するだけでポイントがもらえる
  • クレジットカードのポイントと二重取りができる
  • お得なキャンペーンがある

 

d払いなら、dカードを持っている方やドコモユーザーの方なら

ポイントをお得に貯めることができます

 

dカードを持っていない方やドコモユーザー以外の方でも

対象となるキャンペーンもあるので、まずはd払いアプリをダウンロードしてみてはいかでしょうか。

最新情報をチェックしよう!