【公共料金】JCB CARD Wで電気代を支払うメリットは?ポイント10倍?

年会費無料で発行できるJCB CARD Wは、公共料金の支払いでお得にポイントを獲得することができます。

毎月の電気代をJCB CARD Wで支払うことで、どのようなメリットがあるのでしょうか。

 

今回は、JCB CARD Wで電気代を支払うことができる電力会社や

JCB CARD Wで電気代を支払うメリットをまとめてご紹介していきます。

 

JCBオリジナルシリーズ

【JCB CARD Wのメリット・デメリットまとめは以下の記事で】

節約嫌いの貯金術

JCB CARD Wは年会費無料で発行できる人気のクレジットカードです。今回はJCB CARD Wのポイント還元率やメリ…

 

【電気代支払いでお得?】JCB CARD Wってどんなカード?

 

まずは、年会費無料で発行できるJCB CARD Wの魅力からご紹介します。

JCB CARD Wには、以下のような特徴があります。

  • 39歳以下限定のクレジットカード
  • ポイント還元率は常時2倍(1%)
  • Amazon、セブンイレブン、スターバックスなどの優待店ではさらにお得
  • 年会費無料
  • お得な入会キャンペーンあり

 

JCB CARD Wは、39歳以下・WEB申し込み限定の年会費無料のクレジットカードです。

通常時は、決済金額1,000円ごとにOkiDokiポイント(1ポイント=5円相当)が2ポイント貯まります。

還元率は1%です。

 

【電気代もJCB CARD Wで!】貯まるポイントは?還元率は?

 

JCB CARD Wで電気代を支払うと、支払い額に応じたOkiDokiポイントが貯まります。

OkiDokiポイントは、プリペイドカードにチャージしたり、他ポイントや商品券と交換して使用することができます。

 

JCB CARD WのOkiDokiポイントの還元率は1%(1,000ごとに2ポイント)となっています。

※1ポイント=5円相当

 

ただし、JCB CARD WはAmazonやセブンイレブンなどの優待店では

ポイント還元率がアップするのでさらにポイントが貯まりやすくなります。

 

毎月1万円の電気代を支払うと、以下のようにポイントが貯まります。

  • 10,000円÷1000円=10×2ポイント=20ポイント(100円相当)

 

1か月で20ポイント1年間で240ポイントのOkiDokiポイントが貯まります。

1か月で100円相当、1年間で1,200円相当のポイントを貯めることができますよ。

 

【電気代もJCB CARD Wで!】支払うことができる電力会社は?

 

JCB CARD Wで支払いができる電力会社のうち、

会員サイトのMyJCBから手続きが可能なのは、以下の10社です。

 

MyJCBから手続きができる電力会社

  • 北海道電力
  • 東北電力
  • 東京電力
  • 中部電力
  • 北陸電力
  • 関西電力
  • 中国電力
  • 四国電力
  • 九州電力
  • 沖縄電力

 

上記以外にもJCBブランドのクレジットカードで支払い可能な電力会社はたくさんありますよ。

 

JCB CARD Wでの支払いが可能かどうかは、ご契約中の電力会社に確認してみてください。

 

 

【JCB CARD W】電気代をJCB CARD Wで支払うメリットは?

電気代をJCB CARD Wで支払うことでどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

JCB CARD Wで電気代を支払うメリット

  1. OkiDokiポイントが貯まる
  2. 他料金とまとめて支払いができる
  3. キャンペーンでポイントがもらえる※時期による

 

それぞれのメリットについて詳しくご紹介していきます。

 

電気代をJCB CARD Wで支払うメリットその1:OkiDokiポイントが貯まる

 

JCB CARD Wで電気代を支払うと、前述の通り1,000円ごとに2ポイントのOkiDokiポイントが貯まります。

貯まったOkiDokiポイントは、以下のような商品・金券・ポイントに交換が可能です。

 

【OkiDokiポイント交換可能商品】(一部抜粋)

  • JCBプレモカードにチャージ
  • nanacoポイント
  • dポイント
  • WAON ポイント
  • 楽天スーパーポイント
  • Tポイント
  • JALマイル
  • ANAマイル
  • 東京ディズニーリゾートパークチケット

 

1年間電気代を支払うと結構なポイントが貯まるので、さまざまな商品やポイントに交換することもできそうですね。

 

 

電気代をJCB CARD Wで支払うメリットその2:他料金とまとめて支払いができる

 

JCB CARD Wで支払うことができる公共料金は、電気代金だけではありません。

他にも携帯料金やガス代、水道料金やNHK受信料など様々な公共料金をJCB CARD Wで支払うことができます。

 

1つ1つの公共料金を別々に口座引き落としにすると、

支払日がバラバラで管理が面倒ですよね。

 

JCB CARD Wなら、支払日(引き落とし日)は毎月10日の1回のみです。※締め日は毎月15日

毎月1回の引き落としなら、管理も楽になりますよ。

 

電気代をJCB CARD Wで支払うメリットその3:キャンペーンでポイント10倍!

 

JCB CARD Wでは、現在以下の入会キャンペーンを実施しています。

 

【JCB CARD W新規入会キャンペーン概要】

①ポイント10倍キャンペーン

キャンペーン期間:2019年7月1日(月)~12月31日(火)カード発行分

内容:入会から3か月後の末日までポイント還元率10倍(+8倍)(例:8月入会なら11月末日まで)

ポイント付与時期:通常ポイント1倍、JCB CARD Wで+1倍ポイント、キャンペーン分+2倍分はカードご利用締切日の約10日後、

キャンペーン分+6倍分は入会月の約6ヵ月後(8月入会なら2,020年2月ごろ)

JCBオリジナルシリーズ

ポイント還元率が2倍のJCB CARD Wがさらにお得になるキャンペーンです。

ポイント10倍ならポイント還元率は5%になります。

 

さらに上記に加え、

②カード入会時にスマリボ登録をすると登録後3ヵ月間のご利用はポイント10倍になる

キャンペーンが同時開催されています。

対象となるのは~12月31日(火)入会(カード発行)分までです。

 

①と②のキャンペーンを合計すると、ポイント20倍となります。

 

さらにこれだけでなく、対象の店舗でポイント10倍のキャンペーン(※)が開催されているため、

※新規入会者だけでなくカード会員全員が対象

合計のポイント還元率は最大で30倍となります。

 

また、上記以外にも以下の4つのキャンペーンも同時開催中です。(~2020年3月31日まで)

  • 友達紹介で最大6,000円分のJCBギフトカードプレゼント!
  • 家族カード新規入会で最大2,000円分キャッシュバック
  • スマリボ同時登録&利用で、もれなく最大5,000円分キャッシュバック!
  • キャッシング枠セット&ショッピング利用でもれなく1,000円キャッシュバック

 

合計で最大14,000円分のキャッシュバックのチャンスがあります。

 

さらに、JCBカードでは最大20%キャッシュバックのスマホ決済キャンペーンも開催中です。

 

【詳しくは以下で】

節約嫌いの貯金術

JCBが20%キャッシュバックキャンペーンを開催中です。今回は、20%キャッシュバック対象のJCBカードや、キャンペーン…

 

 

【まとめ】JCB CARD Wは電気代支払いでもポイントがもらえる!

 

今回は、JCB CARD Wで電気代を支払うメリットをまとめてご紹介してきました。

JCB CARD Wなら、毎月の電気代の支払いでもポイントが貯まります。

 

さらに、キャンペーン中の今なら5%還元のチャンスもあります。

 

JCB CARD Wで毎月の電気代を支払ってみてはいかがでしょうか。

 

【三井住友カードも20%キャッシュバックキャンペーン中!】

 

JCBカードと並んで人気の高いプロパーカード、

三井住友カードも20%キャッシュバックのキャンペーンを行っています。

 

 

【詳しくは以下の記事で】

節約嫌いの貯金術

三井住友カードが20%キャッシュバックキャンペーンを開催中です。今回は、20%キャッシュバック対象の三井住友カードや、キ…

最新情報をチェックしよう!