【JCB CARD W】1,000円未満の少額決済でもポイントは貯まる?スマホ決済や電子マネーとの相性は?

年会費無料の人気クレジットカード、JCB CARD Wはポイント還元率が高いことが魅力の1つです。

そんなJCB CARD Wは、コンビニなどでの少額決済にも便利にお得に使うことができます。

 

そこで今回は、

  • JCB CARD Wは少額決済でもポイントは貯まるのか
  • JCB CARD Wの少額決済の便利な使い方はあるのか

という点についてご紹介していきます。

 

【カード公式サイトは以下から】

JCBオリジナルシリーズ

 

 【少額決済にもおすすめ?】JCB CARD Wってどんなカード?

 

まずは簡単に、JCB CARD Wの特徴・魅力についてご紹介します。

 

JCB CARD Wは、

国際ブランドのJCBが発行する、

39歳以下の方限定・WEB入会限定のクレジットカードです。

 

JCB CARD Wの魅力

  • 年会費無料
  • ポイント還元率は常時2倍(1%)
  • Amazon、セブンイレブン、スターバックスなどの優待店ではさらにお得
  • 入会特典でポイント最大30倍
  • ApplePay、GooglePayで20%還元
  • ETCカードも年会費無料
  • 最高2,000万円の海外旅行傷害保険付帯
  • 40歳以降も更新可能

 

 

39歳以下の方しか入会できないという制限はありますが、

ポイント還元率は常時1%以上、年会費も完全無料となっています。

 

国際ブランドJCBが発行するプロパーカードなので安心して使用できる1枚です。

また、女性向けの付帯サービスが充実していて券面もピンクデザインのJCB CARD W Plus Lも発行することができます。

 

【少額決済でもお得?】JCB CARD Wのポイントの貯まり方

 

JCB  CARD Wの利用で貯まるポイントは、OkiDokiポイントと呼ばれます。

 

月間利用額1,000円につき2ポイントのOkiDokiポイントが貯まります。

※OkiDokiポイントは1回の決済ごとに付与されるのではなく、毎月の利用合計金額に応じてポイントが加算されます。

 

 

1回の決済金額に応じてポイントが貯まるわけではないので、

JCB CARD Wを少額決済に利用しても、月間利用金額が1,000円を上回るなら、

お得にポイントを貯めることができます。

 

OkiDokiポイントの価値は1ポイント=3~5円です。

ポイント交換先によってポイントの価値が異なります。

 

【JCB CARD Wのポイント制度について詳しくは以下の記事で】

節約嫌いの貯金術

ポイント還元率の高さが魅力JCB CARD Wでお得にポイントを貯める方法や、損しないための注意点をまとめてご紹介してい…

 

 

【JCB CARD W】1,000円未満の少額決済に利用するメリットは?

 

JCB CARD Wは、ポイント還元率1%のお得なカードですが、

それ以外にも少額決済の利用におすすめする理由があります。

 

続いては、JCB CARD Wで少額決済をするメリットをご紹介します。

 

【JCB CARD W】少額決済のメリットその1:ApplePay、GooglePayで20%キャッシュバック

 

iPhone7以降のiPhoneや、おサイフケータイ機能の搭載されたスマホをお持ちの方は、

ApplePayやGooglePayでの利用金額の20%キャッシュバックキャンペーンに参加することができます。

 

JCBでスマホ決済!全員に20%キャッシュバックキャンペーン!
期間:2019年8月16日(金)~2019年12月15日(日)

対象:キャンペーン期間中に参加登録の上、Apple Pay、または Google Pay を利用された方

特典:利用合計金額の20%をキャッシュバック

キャッシュバック上限金額:カード1枚につき最大10,000円

 

新規入会の方だけでなく、既にJCB発行のカードをお持ちの方も対象となります。

 

【キャンペーン詳細は以下の記事で】

節約嫌いの貯金術

JCBが20%キャッシュバックキャンペーンを開催中です。今回は、20%キャッシュバック対象のJCBカードや、キャンペーン…

 

 

 

【JCB CARD W】少額決済のメリットその2:新規入会ならポイント10倍

 

JCB CARD WとJCB CARD W Plus Lでは、新規入会キャンペーンを行っています。

 

 

【キャンペーン概要】

キャンペーン期間:2019年7月1日(月)~12月31日(火)カード発行分

 

内容:入会から3か月後の末日までポイント還元率10倍(+8倍)(例:9月入会なら12月末日まで)

※キャンペーン上乗せのうち+6倍分は上限金額30万円

 

 

JCB CARD Wの通常還元率は1%(いつでも2倍)ですが、入会から3か月間は

いつでもポイント還元率が5%になりますよ。

 

セブンイレブンやスターバックスなどの優待店ではさらにお得になります。

 

【JCB CARD W】少額決済のメリットその3:QUICPayカードも発行できる!

 

ApplePayやGooglePayに対応しているスマホをお持ちでない方で、

少額決済を便利に使い方という方には、QUICPayカードの発行がおすすめです。

 

QUICPayは、コンビニやドラッグストア、スーパーなど多数のお店で使える電子マネーです。

タッチするだけで支払いが完了し、サインや暗証番号の入力は不要です。

 

JCB CARD Wを発行後、QUICPayカードは無料で発行してもらうことができます。

事前チャージは不要なので、カードが届いたらすぐに決済に利用することができます。

 

【JCB CARD W】少額決済におすすめ!nanacoと相性が良い!

 

JCB CARD Wは、セブンイレブンが優待店となっているため、いつでもポイント還元率が2%です。

さらに今なら、新規入会キャンペーンでいつでもポイント還元率6%となっています。

 

それだけではなく、JCB CARD Wをお持ちのnanacoカードのQUICPay機能に紐づけすることで

JCB CARD W決済分のポイント(常時2%)+nanacoポイント(常時0.5%)の合計2.5%のポイントが

いつでも還元されます。

 

【JCB CARD WとQUICPay(nanaco)との紐づけについては以下の記事で】

節約嫌いの貯金術

JCB CARD Wは、nanacoへのチャージに使用できるのでしょうか。また、nanacoへのチャージでポイントは貯ま…

 

 

 

また、JCB CARD Wの決済で貯まるOkiDokiポイントは、

1ポイント=5ポイントでnanacoポイントに交換することも可能です。

 

【JCB CARD W】優待店が多いから、少額決済でもポイントが貯まる!

 

JCB CARD Wを含めたJCBのオリジナルシリーズのクレジットカードは、

JCB ORIGINAL SERIESパートナーの優待店でポイント還元率がアップします。

 

JCB ORIGINAL SERIESパートナーのお店とポイント還元率(一部抜粋)

  • Amazon:3倍
  •  セブンイレブン:3倍
  • スターバックス:10倍
  • ビックカメラ:2倍
  • 昭和シェル石油:2倍
  • 髙島屋:3倍

ただし、ここでのポイント還元率の倍率は、JCB一般カードを基準としています。

 

つまり、ポイント3倍のAmazonでのJCB CARD Wのポイント還元率は

  • 通常の3倍(0.5%×3=1.5%)+JCB CARD Wで+1倍(0.5%)=2%

 

上記のJCB ORIGINAL SERIESパートナーでのJCB CARD Wのポイント還元率は以下の通りです。

店舗 ポイント還元率 OkiDokiポイントの貯まり方
Amazon 2% 1,000円につき4ポイント
セブンイレブン 2% 1,000円につき4ポイント
スターバックスカードへのオンライン入金 5.5% 1,000円につき11ポイント
昭和シェル石油 1.5% 1,000円につき3ポイント
髙島屋 2% 1,000円につき4ポイント

 

年会費無料でAmazonで常時2%還元のJCB CARD Wは、

Amazonカード(クラシック)よりもお得で、Amazon最強クレジットカードといえます。

【詳しくは以下で】

節約嫌いの貯金術

独自のポイントが貯まりにくいAmazonでは、高還元率のクレジットカードの利用がおすすめです。そこで今回は、Amazon…

 

少額決済が多くなりがちなスターバックスでも、ポイント還元率はいつでも5.5%還元です。

(スターバックスカードへのオンライン入金が対象となります)

 

【詳しくは以下の記事で】

節約嫌いの貯金術

JCB CARD Wは、スターバックスカードへの入金で常時ポイント10倍のお得なクレジットカードです。ポイント還元率は5…

 

 

【JCB CARD W】少額決済のデメリットはある?

 

JCB CARD Wは、少額決済に利用しても、月間利用金額に応じてポイントが貯まる

お得なクレジットカードですが、デメリットもあります。

 

【JCB CARD W】少額決済デメリット:楽天ペイと楽天カードの併用に負ける

 

JCB CARD Wは、楽天カードと同じくポイント還元率1%を誇っています。

ただし、楽天カードは楽天ペイとの併用でポイント還元率5%になるキャンペーンを実施中です。

 

節約嫌いの貯金術

楽天ペイでは、キャッシュレス還元事業に合わせて5%還元キャンペーンが開催されています。今回は、楽天ペイのキャンペーンの内…

10月以降は最高のポイント還元率が6%になるキャンペーンも実施予定で、

さらに楽天ペイは10月1日からセブンイレブンでも使用できるようになります。

 

JCB CARD Wも入会から3か月間を過ぎてしまうと、

大手コンビニ3社でいつでも5%還元が受けられる楽天ペイには、ポイント還元率で劣ってしまいます。

 

【楽天カードの発行は以下から】

 

【まとめ】JCB CARD Wは少額決済でもポイント貯まる!QUICPayも!

 

今回は、JCB CARD Wで少額決済をするメリットや、相性の良い電子マネーなどをまとめてご紹介しました。

JCB CARD Wは、月間の利用金額に応じてポイントが付与されるので、少額決済に利用しても

お得にポイントを貯めることができます。

 

また、ApplePayやGooglePayといったスマホ決済に対応しているほか、

QUICPayカードも発行できるので、少額決済には適しています。

 

今なら、新規入会で3か月間いつでもポイント還元率は5%です。

お得にポイントが貯まるJCB CARD Wを少額決済にも活用してみてはいかがでしょうか。

 

【カード入会は以下から】

JCBオリジナルシリーズ

 

【JCB CARD Wのさらに詳しいメリット・デメリットは以下の記事で】

節約嫌いの貯金術

JCB CARD Wは年会費無料で発行できる人気のクレジットカードです。今回はJCB CARD Wのポイント還元率やメリ…

 

【高還元率の楽天カードとの比較は以下の記事で】

節約嫌いの貯金術

楽天カードとJCB CARD Wはどちらも年会費無料です。そんな2つのカードにはどのような違いがあるのでしょうか。今回は…

最新情報をチェックしよう!