医療保険への加入を検討している方へ!まず知ってほしい3つの特約!

医療保険に加入する際、検討しなければならないのが、特約です。

さまざまな特約を付加することで、自分のニーズにあった補償をプラスすることができます。

 

今回は、初めて医療保険に加入する方、「特約なんてよくわからない」という方に、

まず知ってほしい3つの特約をご紹介していきます。

 

【医療保険】そもそも、医療保険の特約って何?

 

まずは、医療保険の特約について簡単にご説明しましょう。

特約には、大きく分けて3つの種類があります。

 

  • 保障内容を充実させる特約
  • 保険料の負担を軽減する特約
  • 給付金の額を増額する特約

それぞれの特約にはさまざまな種類があり、加入者は自分が必要だと思う特約を自由に付加することができます。

 

ただし、特約を付加することで、保険料もプラスされます。

 

特約とは、医療保険を自分好みにしていくための有料オプションのことなのです。

 

医療保険を検討している方へ!まず知ってほしい特約その1:三大疾病特約

 

それでは具体的に、知ってほしい特約をご紹介していきます。

まずは、三大疾病特約です。

 

三大疾病とは、

  • がん(悪性新生物)
  • 脳卒中
  • 心疾患(急性心筋梗塞)

の3つです。

 

三大疾病は日本人の死因の半分以上を占めており、罹患率も高いのが特徴です。

また、治療費が高額になりがちで、治療期間も長くなりがちな、怖い病気です。

 

そんな三大疾病に備えるための特約が、三大疾病特約なのです。

特約の具体的な内容は、各保険会社により異なりますが、一般的には

 

  • 三大疾病と診断された際に一時金が給付される
  • 三大疾病を診断されると、以後の保険料の払込が免除される
  • 三大疾病の場合は、入院の限度日数が無制限

といった内容であることが多いでしょう。

 

日本人として、備えておきたい三大疾病への補償を手厚くする特約なので、

加入を検討してみてください。

 

医療保険を検討している方へ!まず知ってほしい特約その2:先進医療特約

 

先進医療という言葉を聞いたことはありますか。

先進医療とは、「厚生労働大臣が定める高度の医療技術を用いた療養その他の療養であって、保険給付の対象とすべきものであるか否かについて、適正な医療の効率的な提供を図る観点から評価を行うことが必要な療養」(厚生労働省「先進医療の概要」より)です。

 

つまり、先進医療は、効果は認められていながらも、保険の対象外となってしまう高額な医療行為です。

全額自己負担となるので、治療費がかなり高額になってしまいます

そんな先進医療の治療費に備えることができるのが、「先進医療特約」です。

 

先進医療を受ける可能性はあまり高くはありませんが、もし受けることになった場合には高額の自己負担を強いられます。

先進医療特約の月額保険料は100円ちょっとなので、お守り代わりに付加しておくことをおすすめする特約です。

 

また、保険会社によっては先進医療を受けるための交通費を負担してくれる場合もあります。

詳しくは保険代理店などで聞いてみてください。

 

医療保険を検討している方へ!まず知ってほしい特約その3:がん特約

 

医療保険にはじめて加入するという方に、検討してほしいのががん特約です。

名前の通り、がんの治療に備えることができる特約になっています。

 

具体的には、

  • がんと診断されたら、一時金を受け取ることができる
  • がんの場合は、通院費用も保障される
  • がんと診断されたら、以降の保険料の払込が免除される

といった保障内容がプラスされることが多いでしょう。

 

がんは、治療費が高額になることが多く、再発の可能性もあるため、治療が長期間に及ぶ可能性もあります。

そんながんに備えるためにがん保険への加入を検討している方も多いほどです。

 

しかし、がん保険に加入しなくても、医療保険のがん特約である程度の保障を受けることができます。

ただし、がん特約については、

上皮内新生物(上皮内がん)も保障される保険会社と、対象外となる会社があるため、必ず加入の際に確認しておきましょう。

 

医療保険を検討している方へ!女性なら知っておいてほしい特約も!

 

今回は、初めての医療保険への加入を検討している方に知っておいてほしい特約についてご紹介していますが

最後にもう1つだけ特約をご紹介します。

それが、女性疾病特約です。

 

女性に人気の高い特約で、

乳がんや妊娠・出産に関する合併症など、女性特有の病気の際に手厚い保障を受けることができるようになる特約です。

具体的には、

  • 入院日額給付金が増える
  • 手術費用が保障される
  • 入院の限度日数がなくなる

といった内容が多くなっています。

 

もちろん、女性疾病特約を付加していなくても、女性特有の病気で入院した場合にも医療保険は使用できます。

しかし、より手厚い保障を受けることができる魅力的な特約です。

 

また、女性疾病特約を付加することで、乳がん手術後の乳房の再建術など、

通常保険の対象外となる手術についても給付金を受け取れる場合もあります。

 

【まとめ】医療保険に加入する際は、特約で必要な保障をプラス!

今回は、医療保険に加入する際に、知っておいてほしい特約についてご紹介してきました。

医療保険に加入の際、特約をまったく付加せずに契約することももちろん可能です。

 

しかし、せっかく医療保険に加入するなら、保障内容を自分に合わせてカスタマイズしておくことをおすすめします。

医療保険に加入すると、なかなか見直しをする機会もないでしょう。

 

ただし、特約の内容は、同じ名前の特約でも、保険会社や保険商品ごとに異なります。

加入の際には、必ず詳しい内容の説明を聞いておくようにしてくださいね。

 

分からないことは、FPなどの専門家に相談しながら決めていくと良いでしょう。

 

保険の相談に応じてくれる窓口はどうやって探したらいいの?

保険の代理店は全国にたくさんあります。

そのため、自分に合った保険を提案してくれる代理店をどのように選べばよいかわからないという方も多いでしょう。

 

そのような場合は、Steady.など女性向け雑誌でも紹介されている「保険コネクト」の活用がおすすめです。

保険コネクトは、全国の保険代理店・FPの中から、要望に沿った保険代理店を紹介してくれる無料サービスです。


 

取り扱っている保険商品の種類や、保険の紹介方法は代理店・FPによって全く違います。

自分の二ーズに合わせて代理店を選ぶことが、保険契約の第一歩です。

最新情報をチェックしよう!