【スマホ決済】LINEPayカードを発行するメリットとは?審査はないの?

運営12年の信頼!安心のお小遣いサイトはちょびリッチ

キャッシュレス化の時代がいよいよ本格化してきました。

スマートフォンを持っている方なら、ほとんどが利用しているであろうLINEアプリ。

メッセージのやり取りや通話だけでなく、LINEPayと呼ばれるスマホ決済サービスも提供しています。

 

今回は、そんなLINPayが発行している「LINEPayカード」の魅力をご紹介します。

LINEPayカードを発行すべきか迷っているという方、店舗で使えるプリペイドカードを探しているという方はぜひご覧ください。

 

LINEPayカードとは?クレジットカードとは違うの?

 

それでは早速、LINEPayカードについてご紹介します。

LINEPayカードとは、LINEが発行しているプリペイドカードです。

ブランドは、JCBとなっています。

 

LINPayの加盟店でなくても、JCBの加盟店であれば、国内だけでなく海外の店舗でも使用可能です。

POINT!

JCB加盟店ならどこでも利用可能なので、幅広いお店で使える!

 

LINEPayカードは、プリペイドカードなので、

事前にチャージした金額から決済するシステムで、クレジットカードのように使いすぎを心配する必要もありません

 

また、クレジットカードは原則18歳以上の方でないと申込ができません。

しかし、LINEPayカードはプリペイドカードのため、未成年の方でも申込が可能です。

 

さらに、クレジットカードのように申込にあたって審査がありません

誰でもすぐに発行が可能なところも、LINEPayカードの魅力の1つです。

 

LINEPayカードは利用でポイントが貯まる?使えば使うほど高還元率に!

 

 

LINEPayカードを決済に利用すると、決済金額に応じてLINEポイントが貯まります。

ポイント還元率は最低0.5%~最高2%でです。

 

 

LINEPayカードによる決済は、

毎月の決済金額の合計額に応じてポイント還元率が変わる「マイカラー」プログラムの対象となっています。

「マイカラー」プログラムの詳細は、以下の記事を参照ください。

節約嫌いの貯金術

スマホ決済サービス、LINEPayには、独自のインセンティブプログラムがあります。今回は、LINEPayのマイカラープロ…

 

LINEPayカードを利用して決済することで、LINEPayのQRコード決済やバーコード決済が利用できない店舗でも、

JCBの加盟店であればLINEPayによる決済が可能になります。

 

毎月の決済金額に応じてポイント還元率が変わるLINEPayの「マイカラー」プログラムで、最上位のグリーンのバッジを獲得するためには、

LINEPayカードを発行し、普段から決済に利用することをおすすめします。

 

LINEPayカードのチャージ方法は?銀行・コンビニ・ポイントチャージ!

LINEPayカードは、プリペイドカードなので、利用するためには残高へのチャージが必要になります。

主なチャージ方法は、以下の5つです。

 

  • 銀行口座からのチャージ(LINEアプリ内)
  • セブン銀行ATMからのチャージ
  • ファミリーマート「Famiポート」からのチャージ
  • ローソンレジでのチャージ
  • LINEポイントからのチャージ(LINEアプリ内)

銀行口座を登録しておくことで、スマートフォンのLINEアプリからのチャージができる他、

コンビニで現金からのチャージも可能です。

 

また、LINEPayでの決済によって貯まったLINEポイントを、LINEPay残高へのチャージして利用することも可能です。

その場合、「1LINEポイント=1円」で交換が可能です。

 

LINEPayカードには便利なオートチャージ機能も!

 

LINEPayカードは、あらかじめチャージをしてから使用するプリペイドカードですが、

オートチャージ機能を利用することで、クレジットカードのように利用することも可能です。

 

オートチャージとは、LINEPayの残高が一定金額を下回った場合に、自動的に一定金額をチャージするという仕組みのことです。

LINEPayの場合、事前に銀行口座を登録しておくことで、オートチャージ機能を利用することができるようになります。

 

設定可能な銀行は、

  • ゆうちょ銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • 楽天銀行
  • イオン銀行
  • ジャパネット銀行
  • じぶん銀行
  • りそな銀行

のほか、一部地方銀行でも設定が可能です。

 

LINEPayカードをクレジットカードのように利用したいという場合は、オートチャージ機能を利用することをおすすめします。

LINEPayカードを発行するメリットは?QRコード決済と合わせて利用しよう!

 

 

LINEPayカードを発行することで、どのようなメリットが得られるでしょうか。

これまでにご紹介してきたことをまとめていきます。

 

【LINEPayカードを発行するメリット】

  1. 利用可能店舗が多い
  2. 誰でも審査なしで発行可能
  3. ポイント高還元率を狙える
  4. クレジットカードのように利用できる

 

メリットその1:利用可能店舗が多い

LINEPayのQRコード決済を利用できる店舗は、大手コンビニチェーンやスーパー、ドラッグストアなど

100万店舗を突破しています。

 

しかし、まだまだ利用できない店舗があるのが現状です。

LINEPayカードなら、LINEPayの加盟店舗以外でも、JCBの加盟店舗であれば、決済ができます。

JCBの加盟店舗数は、国内外で約3,300万店舗(2017年3月現在)。

桁違いの多さです。

 

LINEPayカードを発行することで、LINEPay決済ができる店舗がぐっと増えることがわかりますね。

 

メリットその2:審査なしで発行可能

 

LINEPayカードは、クレジットカードではなく、プリペイドカードです。

そのためLINEアプリからの申込のみで、審査はなく、誰にでもカードの発行が可能となっています。

 

メリットその3:ポイント高還元率を狙える

 

LINEPayでは、毎月の決済金額に応じてポイント還元率が変わる「マイカラー」プログラムというインセンティブプログラムを実施しています。

LINEPayのポイントの最高還元率は2%(基本ポイント分)です。

この2%を獲得するためには、月に10万円をLINEPayで決済する必要があります。

 

加盟店がぐっと増えるLINEPayカードを活用することで、日常のあらゆるお買い物にLINEPayでの決済を利用できます。

そのため、ポイントの高還元率を狙いやすくなるのです。

 

メリットその4:クレジットカードのように利用できる

 

LINEPayカードは、JCB加盟店であればどこでも利用可能です。

決済もLINEPayカードを店員に渡し、「JCBで」と告げるだけです。

もちろん、JCB決済に対応しているインターネットショッピングでの決済にも利用可能です。

 

さらに、オートチャージ機能を利用することで、事前にチャージする手間も省くことができます。

クレジットカードのように利用できることも、LINEPayカードの大きな魅力です。

 

LINEPayカードの発行手続きは?30秒で完了?

 

たくさんのメリットがあるLINEPayカードですが、カードを手に入れるためには、発行手続き(申し込み)が必要になります。

LINEPayカードの発行手続きの手順は以下の通りです。

  1. LINEアプリを起動
  2. ウォレットタブをタップ
  3. 「LINE Payをはじめる」をタップ
  4. 各規約に同意
  5. カードのデザインを選択
  6. 必要事項(名前、住所等)を入力
  7. カードが後日郵送されてくる
  8. 郵送されたカードに同封された書面の手順で利用開始手続き

 

LINEPayカードの発行手続きは、いつでもどこでもLINEアプリから可能です。

カードは後日郵送で送られてきます。

 

LINEPayカードを決済に利用するためには利用開始の手続きが必要となるので、忘れずに行いましょう。

 

LINEPayカードは、年会費・発行費は一切かかりません。

審査もないので、誰でも気軽に申込が可能です。



LINEPayはカードも便利!無料・審査なしで誰でも発行可能!

 

今回は、スマホ決済サービスLINEPayと合わせて利用したい、

LINEPayカードについてご紹介してきました。

 

LINEPayカードは、JCBブランドのプリペイドカードです。

利用可能店舗が多く、ポイントも貯まるので、持っていて損はないでしょう。

 

クレジットカードのように審査もないので、誰でも発行することができます。

キャッシュレス化が進んでいますが、まだまだQRコード決済を利用できない店舗もあります。

 

LINEPayの場合、QRコード決済と合わせてLINEPayカードの決済でもポイントを獲得することができ、大変便利です。

キャッシュレスで生活したい!という方は、

LINEPayカードを発行して、普段の決済に利用してみてはいかがでしょうか。

最新情報をチェックしよう!