生命保険は本当に必要?終身と定期どっちにすべき?

生命保険は、契約者に万が一のことがあった場合に、まとまった保険金が支払われるタイプの保険です。

結婚して子供がいる場合なら、一家の大黒柱として加入を検討している方も多いでしょう。

しかし、生命保険が必要なのは、一家の大黒柱であるお父さんだけなのでしょうか。

今回は、生命保険の必要性や、終身、定期のそれぞれのメリットをご紹介していきます。

生命保険とは?

生命保険には、

  • 契約者に万が一のことがあった場合の死亡保障
  • 病気や怪我の場合に入院、通院費を補償する医療保障

があります。

今回は、わかりやすくするために、死亡保障がついている保険のことを生命保険と定義させていただきます。

死亡保障が受けられるのは、

  • 死亡した場合
  • 高度障害状態となった場合

です。

つまり、死亡した場合のみならず、事故や病気の後遺障害で、高度障害と認定された場合にも、死亡保険金を受け取ることができるのです。

 

生命保険の役割とは?

 

生命保険に加入することで、どのような安心を得ることができるでしょうか。

生命保険には、

  • 葬式代などの死亡整理資金の準備
  • 残された家族の生活費

が大きな2つの役割があります。

例えば、サラリーマンのお父さんが亡くなってしまった場合、残された家族は、まずお葬式を挙げる必要があります。

葬式には、平均で120万円ほどかかるといわれています。

貯蓄で賄うことができなくもない金額ですが、いきなり負担するとなると、大変な金額ですよね。

また、奥さんが専業主婦だった場合には、残された家族の生活費も生命保険の死亡保険金で補償する必要があるのです。

 

生命保険はお父さんだけ入ればいいの?

 

生命保険に入る事で、高額な葬式費用を保険金で賄うことができます。

そのため、生命保険が必要なのは、一家の大黒柱であるお父さんだけではありません。

独身の男性や女性、また、結婚している女性にも、生命保険は必要なのです。

 

生命保険の終身保険と定期保険の違いとは?

 

生命保険には、保険期間が終身のものと、保険期間が一定期間に定められているものがらいます。

前者を終身保険、後者を定期保険と呼びます。

それぞれにメリットがありますので、簡単にまとめておきましょう。

【終身保険のメリット】

  1. 保険料が一生涯上がらない
  2. 解約返戻金がある
  3. 保障が一生涯続く

【定期保険のメリット】

  1. 保険料が安い
  2. 保険の見直しが可能

いかがでしょうか。

終身保険の場合、加入した年齢に応じて保険料が異なりますが、保険料は一生涯上がることはありません

また、保険期間途中で解約した場合にも、一定の解約返戻金を受け取ることができます。

さらに、保障が一生涯続くので、安心です。

そして、定期保険の場合は保険期間が一定であるものの、同じ年齢で比べると保険料が安い、保険の見直しがしやすいというメリットがあります。

終身保険と定期保険のメリットを比較した上で、自分にあった保険に加入するようにしましょう。

 

生命保険の死亡保障のみで残された家族の生活費は十分なの?

生命保険の死亡保険金の額は、高く設定することも可能ですが、保険金が高くなればなるほど、支払う保険料も高くなってしまいます。

保険料とのバランスを考えて保険料を設定する必要があり、そうなると残された家族に十分な生活費を残してあげられない場合もあります。

その場合には、

  • 一括で保険金をもらい、妻が働くまでの生活費に充てる
  • 分割で保険金をもらい、生活の質を下げる

といった対応が必要になるでしょう。

生命保険の商品によっては、保険金の受け取り方法を一括や分割で選ぶことが可能な場合もあります。

生命保険は独身でも必要!メリットデメリットを見極めよう!

 

今回は、生命保険の必要性や、

終身保険と定期保険のメリット等をご紹介してきました。

生命保険は、一家の大黒柱だけでなく、葬式費用が必要なすべての人にとって必要性の高い商品です。

終身保険にするか定期保険にするか、メリットをしっかりと見極めて選ぶようにしましょう。

保険会社ごとにさまざまな商品が販売されているので、比較検討することをおすすめします。

最新情報をチェックしよう!