楽天Edy と楽天ペイ

【キャッシュレス】楽天Edyと楽天ペイの違いとは?どっちがお得なの?

 

楽天ポイントが貯まるキャッシュレス決済といえば、電子マネー楽天Edyとスマホ決済楽天ペイです。

 

楽天Edyや楽天ペイを上手に活用することで、

楽天カードをお持ちでない方も、街のお店でネットショッピングでお得に楽天ポイントを貯めることができます。

 

今回は、楽天Edyと楽天ペイの違いやポイント還元率、どちらがお得かをご紹介します。

 

 

【電子マネー】楽天Edyとは?

 

楽天Edyは、加盟店舗のレジ端末にかざすだけで「シャリ~ン♪」と音が鳴り、決済が完了する電子マネーです。

 

200円決済ごとに1ポイント(楽天ポイント)貯まります。(還元率0.5%)

 

主に使われている楽天Edyは以下の3種類です。

 

【楽天Edyの種類】

種類 メリット 注意点
Edy-楽天ポイントカード
  • 楽天ポイントカード機能が付いているので、加盟店なら提示するだけでポイントが貯まる
  • クレジット機能が付いていないので、気軽に使える
  • 子供に持たせることができる
楽天市場内の楽天Edyオフィシャルショップで購入が必要(通常価格:330円(税込))
Edy機能付き楽天カード
  • 楽天ポイントを貯める設定が不要
  • 楽天カードからのチャージでポイントが貯まる(200円ごとに1ポイント)
  • 新規入会で5,000~8,000ポイントもらえる
クレジットカードを発行する必要がある
おサイフケータイ(楽天Edyアプリ・楽天ペイアプリ)
  • 楽天カード以外のクレジットカードでもチャージできる
  • 貯めるポイントサービスが選べる
iPhoneでは使えない

 

【楽天Edyアプリダウンロードは以下から】※楽天ペイアプリでも使えますが、こちらはEdyアプリです

Google Play で手に入れよう

 

アプリではなくカードで発行したいという場合は、下記の方法で手に入れることができます。

 

 

ちなみに…お子さんに楽天Edyを持たせたいという方には、以下のような商品もあります。

コンビニでの現金チャージしかできないのですが、お小遣い用のEdyとしてかわいく活用できます。

 

 

 

【お買い物パンダデザインのカードなら、期間限定で110円(税込)で買えます!】

 

 

 

【スマホ決済】楽天ペイとは?

 

楽天ペイは、スマートフォン向け決済サービスで、

お店でのコード支払い(QRコード決済)やインターネットショッピングでの簡単決済に使用できます。

 

ポイント還元率は、支払い方法によって異なります。

 

 【楽天ペイの支払い方法と楽天ポイント還元率】※コード・QR払い利用時

支払い方法 楽天ポイント還元率 備考
楽天カードからチャージした楽天キャッシュでの支払い 1.5% チャージ分と支払い分の合計還元率
楽天銀行もしくはラクマの売上金からチャージした

楽天キャッシュでの支払い

1%
楽天ポイント支払い 1%
楽天カード紐づけによる支払い 1% 楽天カードからの還元分のみ
楽天銀行デビッドカード紐づけによる支払い 1% 楽天銀行からの還元のみ
楽天銀行口座からの支払い 1% 楽天銀行からの還元のみ
他社クレジットカード紐づけによる支払い 0% 他社クレジットカード決済分のポイントは貯まる(カード会社による)

 

以上のように、楽天ペイで決済するときには、

楽天カード・楽天銀行・ラクマのいずれかを利用していないと楽天ペイによるポイント還元を受けることができません。

 

 

【還元率で比較】楽天Edyと楽天ペイはどちらがお得?

 

楽天Edyと楽天ペイのどちらも使えるお店だった場合、

どちらで決済する方がお得なのでしょうか。

 

楽天カードユーザーの方は楽天ペイがお得!

  • 【楽天ペイ】楽天カードから楽天キャッシュにチャージして支払った場合の還元率:1.5%
  • 【楽天Edy】楽天カードから楽天Edyにチャージして支払った場合の還元率:1%

 

現金チャージ派・他社クレジットカードユーザーなら楽天Edyの方がお得!

  • 【楽天ペイ】他社カード紐づけで支払った場合の還元率:0%
  • 【楽天Edy】現金でチャージした残高で支払った場合の還元率:0.5%
  • 【楽天Edy】他社カードからチャージした残高で支払った場合の還元率:0.5% ※クレジットカードのポイントが付与されることも

 

 

たとえば、リクルートカードから楽天Edyにチャージすると1.2%分のリクルートポイントが還元されます。

※付与上限あり:合計3万円チャージまで(楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA)

 

楽天Edyの決済で付与される楽天ポイント(0.5%)と合わせて1.7%の高還元です。楽天ペイ+楽天カードの1.5%よりもお得ですね。

 

 

他にも年会費無料で発行できる以下のカードは、楽天Edyへのチャージでポイントが付与されますよ。

 

【使えるお店で比較】楽天ペイと楽天Edyはどちらが加盟店が多い?

 

楽天ペイの具体的な加盟店数はわかりませんが、

楽天Edyは全国82万ヶ所以上で使えます。

 

クレジットカードが使えないお店でも楽天Edyなら使えるというケースも多いようです。

 

加盟店数で比較すると楽天Edyの方が圧倒的に多いですが、

インターネットサイトに関しては楽天ペイが強いです。

 

「楽天ペイは使えるけど楽天Edyは使えない」というお店もありますから、

いろんなお店で楽天ポイントを貯めるためには、楽天ペイと楽天Edyの両方を使い分けるのがおすすめです。

 

【楽天ペイが使える主なお店】

  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • イトーヨーカドー
  • 西友
  • フジ
  • ウエルシア
  • ツルハドラッグ
  • セイムス
  • ガスト
  • くら寿司
  • 牛角
  • エディオン
  • ケーズデンキ
  • ジョーシン
  • ビックカメラ
  • ヤマダ電機
  • トイザらス
  • 東急ハンズ
  • ジュンク堂書店

など

 

【楽天ペイが使える主なインターネットサイト】

  • BUYMA
  • オンワード・クローゼット
  • nano・universe
  • ドミノ・ピザ
  • 三越オンラインストア
  • 伊勢丹オンラインストア
  • ワタシプラス(資生堂)オンラインショップ
  • めちゃコミック
  • コミックシーモア

など

 

 

【楽天Edyが使える主なお店】

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • イトーヨーカドー
  • ツルハドラッグ
  • マツモトキヨシ
  • ドラッグストアモリ
  • スギ薬局
  • セイムス
  • ダイコクドラッグ
  • ゲンキー
  • TSUTAYA
  • ブックオフ
  • 明屋書店
  • 紀伊国屋書店
  • ケーズデンキ
  • エディオン
  • ビックカメラ
  • ヨドバシカメラ
  • 髙島屋
  • ファッションセンターしまむら
  • はるやま
  • ライトオン
  • マクドナルド
  • ガスト
  • リンガーハット
  • ヤマト運輸
  • ANA FESTA
  • コカ・コーラマルチマネー対応自動販売機

 

 

楽天ポイント貯めるなら、楽天Edyと楽天ペイを上手に使い分けましょう!

 

今回は、楽天ポイントが貯まる2つのキャッシュレス決済、

楽天Edyと楽天ペイのそれぞれの特徴や還元率、使えるお店などをご紹介しました。

 

楽天カードユーザーの還元率(チャージ分+決済分の合計)

  • 楽天Edy:1%
  • 楽天ペイ:1.5%

 

なので、楽天ポイントを貯めたい!という楽天カードユーザーの方は、楽天ペイを活用した方が良いでしょう。

 

ただし、リクルートカードなどの電子マネーチャージでもポイントが貯まるクレジットカードをお持ちの方は、

決済分のポイントを二重取りできるので、楽天Edyの活用の方がおすすめです。

 

楽天Edy と楽天ペイ
最新情報をチェックしよう!