【電子マネー】楽天Edyの特徴・使い方!楽天ユーザー必見!

キャッシュレス化が進む中で、電子マネーを利用する方も増えてきています。

コンビニやドラッグストアで簡単に決済ができるので、電子マネーはとても便利ですよ。

 

そこで今回は、楽天が提供する電子マネー、楽天Edyの特徴や使い方、

楽天Edyを使用するメリットについてまとめてご紹介していきます。

 

【電子マネー】楽天Edyとは?どんな特徴があるの?

 

それでは早速、楽天Edyの特徴からご紹介しましょう。

 

楽天Edyは、楽天の関連会社、楽天Edy株式会社が提供する、プリペイド方式の電子マネーです。

 

【楽天Edyが使えるのは?】

  • Edy-楽天ポイントカード
  • Edy機能付き楽天カード(クレジットカード)
  • おサイフケータイ
  • iPhone

 

楽天Edyは、上記のいずれかで使用が可能です。

 

ただし、おサイフケータイは対応機種が限られており、

iPhoneの場合はパソリと呼ばれる専用機器が必要となるため、

 

基本的には

  • Edy-楽天ポイントカード
  • Edy機能付き楽天カード(クレジットカード)

のいずれかでの使用がおすすめです。

 

そのほか、楽天Edyは、以下のような特徴があります。

  • 200円(税込)ごとに1ポイントずつ、楽天スーパーポイントが貯まる還元率0.5%
  • かざすだけで決済が可能
  • 楽天スーパーポイントからのチャージ(入金)が可能
  • 楽天カードからのチャージでポイントが貯まる(オートチャージで還元率1%)

 

「楽天スーパーポイント」を貯めること使うこともできるのが、楽天Edyの大きな特徴の1つです。

 

 

楽天Edyの使い方その1:楽天カードとの併用でポイントを貯める!

 

続いては、楽天Edyのおすすめの使い方をご紹介していきます。

まず、楽天会員の方におすすめしたい使い方が、楽天カードとの併用です。

 

その場合、Edy機能付き楽天カードを発行する必要はありますが、

入会費、年会費は無料で発行が可能です。

 

さらに、入会特典として5,000円~8,000円相当の楽天スーパーポイントがもらえる場合もあります。

 

 

さらに、楽天Edyへは楽天カード(クレジットカード)からのチャージが可能となっており、

200円チャージごとに1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まる仕組みとなっています。

さらに、オートチャージを設定しておくと、200円チャージごとにさらに1ポイント付与され、

合計ポイント還元率は1%になります。

 

そのため、楽天Edyにオートチャージで月に20,000円チャージすると、月に200ポイント貯まります。

さらに、その20,000円を楽天Edyの決済に利用すると、100ポイント獲得することができます。

 

また、楽天Edyは、楽天スーパーポイントからのチャージも可能となっています。

 

楽天カードは利用金額の1%の楽天スーパーポイントを獲得することができます。

月に50,000円をカード決済すると、月に50ポイント獲得することができます。

 

楽天カードの利用で貯めた楽天スーパーポイントを、楽天Edyのチャージに利用することもできるので、大変便利です。

 

楽天Edyの使い方その2:ポイントカード型なら、安心して使える!

 

「楽天Edyには興味があるけど、クレジットカードは不安」という方には、

ポイントカード型の「Edy-楽天ポイントカード」がおすすめです。

 

ただし、こちらのカードの発行には300円(税抜)の発行費用が必要となります。

「Edy-楽天ポイントカード」は、以下のリンクから楽天市場(外部サイト)での購入が可能です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

★メール便選択で送料無料!楽天ポイント貯まる♪【Edy-楽天ポイントカード】
価格:324円(税込、送料別) (2019/4/6時点)

楽天で購入

 

 

 

発行費用は必要となりますが、キャンペーンにエントリーすることで、ポイントバックを受けることができる場合もあります。

該当キャンペーンの有無は、楽天Edy公式サイトのキャンペーンページにてご確認下さい。

 

キャンペーンにはエントリーが必要なので、利用前に忘れずにエントリーしておきましょう。

 

【電子マネー】楽天Edyを使用するメリットは?楽天会員じゃないなら不要?

 

楽天Edyは、楽天スーパーポイントを貯めるだけでなく、使うことができる電子マネーです。

そのため、

  • 楽天会員で、楽天スーパーポイントをよく貯めている
  • 楽天カードを持っている

という方には、非常にメリットが大きい電子マネーになります。

 

では、楽天会員ではない方には、楽天Edyを使用するメリットはないのでしょうか。

そんなことはありません。

 

楽天Edyには、

  • 加盟店数が多い(50万店舗)
  • ポイントカードとの併用が可能

というメリットがあります。

 

主要コンビニだけでなく、スーパーやドラッグストア、百貨店や家電量販店など、さまざまな店舗で楽天Edyでの決済が可能です。

さらに、ファミリーマートならTカード、ローソンならPontaカードとの併用が可能で、ポイントの二重取りができます。

(ただし、セブンイレブンのnanacoとの併用は不可)

 

加盟店の数は他の主要電子マネーと比較しても多く、ポイントも貯まるので、

「キャッシュレス化の波に乗って、とりあえず電子マネーを使ってみたい!」という方にも、

楽天Edyがおすすめです。

 

【検証】楽天Edyを1ヶ月使ってみたらポイントはどのくらい貯まる?

 

ここで、実際に楽天Edyを1ヶ月使ってみたらどのくらいポイントが貯まるのかという検証結果をお伝えします。

 

  • 使用したのは、Edy機能付き楽天カード(クレジットカード)
  • オートチャージは「1,000円以下で1,000円チャージ」設定
  • コンビニ、外食時に使用

 

毎日コンビニでお昼ご飯を購入(600円×20日)、休日にはマクドナルドで外食(700円×月4日)

チャージ金額合計=600×20+700×4=12,000+2,800円=14,800円≒15,000円

チャージ分ポイント合計=15,000円÷200円=75ポイント

利用分ポイント14,800円÷200円=74ポイント

 

楽天Edyで貯まったポイント合計149ポイント

このように、楽天Edyで決済するだけで、楽天カード併用の場合は

利用金額の約1%分のポイントを獲得することができました。

 

そして、

  1. 財布を出す
  2. お金を払う
  3. おつりをもらう

という一連の動作をする必要がなく、かざすだけで決済が完了するのが何よりもありがたいです。

 

【まとめ】楽天Edyはポイント狙いで!メリットがたくさん!

 

今回は、おすすめしたい電子マネー、楽天Edyについてご紹介してきました。

既に楽天会員として楽天スーパーポイントが貯まっているという方はもちろん、

これからどの電子マネーを利用すべきか悩んでいる方にとってもメリットが多いのが楽天Edyです。

 

楽天カードからのオートチャージを併用することで、利用金額の1%分ポイントを獲得することができます。

これは、かなりの高還元率だと言えます。

 

さらに、コンビニやスーパーなど、生活にかかせない店舗での使用ができることも大きな魅力です。

 

これから「電子マネーを使ってみたい」という方は、楽天Edyの使用を検討してみてくださいね。

 

【スマホ決済を活用してみたい方は、楽天ペイもおすすめです】

節約嫌いの貯金術

どのスマホ決済を利用すべきか悩んでいる方も多いでしょう。今回は、楽天が提供する楽天ペイの特徴や使い方をまとめてご紹介しま…

 

楽天Edyをお得に使うなら、楽天カードがおすすめ!
楽天Edyは、クレジットカード・現金からのチャージが必要です。
お得にポイントを貯めるなら、楽天Edyとの併用でポイント還元率が1%になる楽天カードをおすすめします。

 

 

【楽天カードの3つの魅力】
  • 入会金・年会費無料
  • ネットから簡単に申し込み
  • 入会特典5,000ポイント
節約嫌いの貯金術

楽天カードは、年会費無料で発行できる人気のクレジットカードです。そんな楽天カードにはどんなメリット・デメリットがあるので…

 

最新情報をチェックしよう!