楽天カードで公共料金を支払うメリットは?還元率2%も可能?

年会費無料で発行できる楽天カードは、公共料金の支払いでもお得にポイントを貯めることができます。

毎月の公共料金を楽天カードで支払うことでどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

今回は、楽天カードで支払うことができる公共料金や

楽天カードで公共料金を支払うメリットをご紹介します。

 

【楽天カードのメリットは以下の記事で】

節約嫌いの貯金術

楽天カードは、年会費無料で発行できる人気のクレジットカードです。そんな楽天カードにはどんなメリット・デメリットがあるので…

 

目次

【公共料金支払いでお得?】楽天カードってどんなカード?

 

それではまず、楽天カードの特徴を簡単にご紹介します。

 

楽天カードの魅力

  • 年会費無料
  • 入会特典5,000ポイント~8,000ポイント
  • ポイント還元率1%
  • 楽天市場ではポイント還元率3%~最大16%
  • 楽天Edyが使える・ポイントが貯まる
  • 楽天ペイでポイント還元率5%
  • 楽天スーパーポイント加盟店でポイント二重取りが可能
  • 最高2,000万円の海外旅行傷害保険付帯
  • ハワイのラウンジサービス

 

楽天カードは、年会費無料でありながらメリットの多いカードです。

 

【入会は以下から】

 

【公共料金も楽天カードで!】貯まるポイントは?還元率は?

 

楽天カードで公共料金を支払うと、支払い額に応じた楽天スーパーポイントが貯まります。

 

公共料金を楽天カードで支払った場合のポイント還元率は1%(100円ごとに1ポイント)となっています。

 

貯まったポイントは、楽天市場でのお買い物やスマホ決済楽天ペイで使用できるだけでなく、

楽天カードの支払い額に充当することもできます。

 

公共料金を楽天カードで支払うとどのくらいポイントが貯まるの?

 

4人家族の1か月あたりの平均的な公共料金は、以下の通りです。

電気代 11,719円
ガス代 6,190円
水道代 6,463円
NHK放送受信料 2,230円
携帯料金(キャリア) 14,000円(7,000円×2人で計算)
合計 40,602円

 

40,602円の公共料金を楽天カードで支払うと、

40,602円×1%=406ポイント

1か月で406ポイント、1年間で4,872ポイント貯まります。

 

楽天カードで公共料金を支払うことで、1年間で5,000円近くお得になりますね。

 

【公共料金も楽天カードで!】還元率2倍も可能!

 

楽天カードは、楽天市場での月間お買い物額(楽天カード決済額)が20,000円以上の場合に、

ポイント還元率が2倍になるキャンペーンを常時開催しています。

 

楽天市場で2万円以上買い物をすると、公共料金の決済で貯まる楽天ポイントの還元率は2%になります。

ただし、キャンペーンにはエントリーが必要となっています。

 

楽天市場で2万円も買い物するのは難しい?

 

「いくら楽天カードの還元率がアップするからって、

楽天市場で2万円も買い物しないよ!」とお考えの方もいらっしゃるでしょう。

 

しかし、楽天市場で買えるものは多いので、毎月2万円以上の買い物もそんなに難しくはありません。

例えば、わたし(@himeoka0104)は以下のようなお店を良く利用しています。

 

おむつや洗剤など、日用品は楽天24で購入しています。

ダイヤモンド会員限定の2,000円引きクーポン(1万円以上で使える)も毎月発行されるので、

ありがたく使わせてもらっています。

※ちなみに、2万円以上で使える3,500円引きクーポンもあります。

 

コンタクトはこちらのお店で購入しています。

送料無料で品揃えも豊富です。

 

娘がまだ小さいので、毎月絵本を買います。

1冊からでも送料無料で、ポイントも貯まるので必ず楽天ブックスで購入しています。

 

その他、CDや音楽BDも毎回楽天ブックスで購入しています。

 

【ガス代も楽天カードで!】支払うことができるガス会社は?

 

ガス代を楽天カードで支払うことができるガス会社でネットから手続きが可能なのは、

以下の12の会社です。

 

楽天カードで支払い可能なガス会社

  • 東京ガス
  • 大阪ガス
  • 東邦ガス
  • 西部ガス
  • 北海道ガス
  • 広島ガス
  • 岡山ガス
  • カメイ株式会社
  • 北陸ガス
  • 堀川産業
  • 東海ガス
  • 大津市企業局

 

上記以外でも、

クレジットカードによるガス代支払いに対応しているガス会社であれば、楽天カードで支払いが可能です。



 

【水道代も楽天カードで!】支払うことができる水道局は?

 

水道代を楽天カードで支払うことができる水道局でネットから手続きが可能なのは、

以下の6つの水道局です。

 

楽天カードで支払い可能な水道局

  • 東京都水道局
  • 京都市上下水道局
  • 福岡市水道局
  • 神戸市水道局
  • 京都市上下水道局
  • 大津市企業局

 

上記以外でも、

クレジットカードによる水道代支払いに対応している水道局であれば、楽天カードで支払いが可能です。

 

【電気代も楽天カードで!】支払うことができる電力会社は?

 

電気代を楽天カードで支払うことができる電力会社で楽天e-NAVIから簡単に手続きが可能なのは、

以下の5社です。

 

楽天カードで支払い可能な電力会社※楽天e-NAVIから手続き可

  • 東京電力
  • 北陸電力
  • 四国電力
  • 九州電力
  • 沖縄電力

 

また、楽天e-NAVIからの手続きではなく、各社サイトから楽天カードでの

支払い手続きができるのは、以下の8社です。

 

楽天カードで支払い可能な電力会社※各社サイトから手続き可

  • 北海道電力
  • 東北電力
  • 中部電力
  • 関西電力
  • 中国電力
  • 坊ちゃん電力
  • HTBエナジー
  • ミツウロコでんき

上記以外でも、

クレジットカードによる電気代支払いに対応している電力会社であれば、楽天カードで支払いが可能です。

 

補足:楽天カードなら、新電力会社にも対応できる!

 

楽天カードは、電力自由化で新規参入している電力会社でも

支払い対応しています。

 

電気代を安く抑えるために、格安の電力会社に乗り換えるのもおすすめですよ。

以下サイトから、簡単に同時見積もり依頼もできます。

 

【電力比較サイト エネチェンジ】

 

【携帯料金も楽天カードで!】支払うことができる携帯会社は?

 

携帯料金を楽天カードで支払うことができるガス会社でネットから手続きが可能なのは、

以下の5社です。

 

楽天カードで支払い可能な携帯会社

  • NTTドコモ
  • au
  • SoftBank
  • Y!mobile
  • 楽天モバイル

 

上記以外でも、

クレジットカードによる携帯料金支払いに対応している携帯会社であれば、楽天カードで支払いが可能です。

 

補足:楽天モバイルなら、楽天カードの支払いでお得!

 

楽天モバイルでは、毎月の携帯料金を楽天カードで支払うことで、

楽天市場のポイント還元率が+2倍(+2%)になります。

 

楽天モバイルなら、楽天カードで携帯料金を支払うのがお得ですよ。

 

楽天カードで支払える公共料金は?

 

楽天カードで支払える公共料金は、これまでご紹介した

  • ガス代
  • 水道代
  • 電気代
  • 携帯料金

だけではありません。

 

例えば、以下のような公共料金も楽天カードで支払うことができます。

  • NHK放送受信料
  • 国民年金保険料
  • 新聞購読料(読売新聞・朝日新聞など)

 

様々な公共料金を楽天カードで支払うことで、その分楽天スーパーポイントを獲得することができます。

 

公共料金を楽天カードで支払うメリットは?

 

公共料金を楽天カードで支払うことでどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

楽天カードで公共料金を支払うメリット

  1. 楽天スーパーポイントが貯まる
  2. 他料金とまとめて支払いができる
  3. ダイヤモンド会員になれるかも

 

それぞれのメリットについて詳しくご紹介していきます。

公共料金を楽天カードで支払うメリットその1:楽天スーパーポイントが貯まる

 

楽天カードで公共料金を支払うと、前述の通り100円ごとに1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まります。

貯まった楽天スーパーポイントは、1ポイント=1円相当として以下のような使い方ができます。

 

【楽天スーパーポイントの使い方】(一部抜粋)

  • 楽天市場:1ポイント~
  • 楽天ペイ:1ポイント~
  • 楽天スーパーポイント加盟店:1ポイント~
  • 楽天カード支払い充当:50ポイント~
  • 楽天Edyへのチャージ

 

1年間公共料金を支払うと結構なポイントが貯まるので、様々なポイントの使い方ができそうですね。

 

 

公共料金を楽天カードで支払うメリットその2:他料金とまとめて支払いができる

 

楽天カードで支払うことができる公共料金は、1つだけではありません。

ガス代、電気代や携帯料金、水道料金やNHK受信料など様々な公共料金をイオンカードで支払うことができます。

 

1つ1つの公共料金を別々に口座引き落としにすると、

支払日がバラバラで管理が面倒ですよね。

 

楽天カードなら、支払日(引き落とし日)は毎月1回のみです。

毎月1回の引き落としなら、管理も楽になりますよ。

 

公共料金を楽天カードで支払うメリットその3:目指せダイヤモンド会員

 

楽天会員には、5つのランクがあります。

その最上位がダイヤモンド会員です。

 

ダイヤモンド会員になると、誕生月に700ポイント付与されるなど特典があります。

お得なクーポンも毎月取得でき、ETCカードの年会費(通常540円)も無料になります。

 

そんなダイヤモンド会員になるためには、以下の3つをすべて満たす必要があります。

  • 過去6ヶ月で4,000ポイント以上獲得
  • 30回以上ポイントを獲得
  • 楽天カードを保有

 

ダイヤモンド会員になるためには、

6か月で4,000ポイント=1か月あたり667ポイントの獲得が必要なので、

楽天カードの決済金額のみでポイントを獲得するなら、66,700円の決済が必要になります。

 

公共料金を楽天カードで支払うことで、この目標額に近づくことができますよ。

 

【楽天会員のランク制度については以下の記事でも】

節約嫌いの貯金術

楽天会員には5つのランクがあることをご存知でしょうか。今回は、楽天会員の中でも最上位ランクのダイヤモンド会員の特典や、ダ…

 

【まとめ】楽天カードは公共料金支払いでもポイントがもらえる!

 

今回は、楽天カードで公共料金を支払うメリットをまとめてご紹介してきました。

楽天カードなら、毎月の公共料金の支払いでも高還元率でポイントが貯まります。

 

さらに、楽天市場で毎月2万円以上買い物する方なら、ポイント還元率が2倍になるキャンペーンも

常に開催されています。

 

ポイントが貯まりやすい楽天カードで毎月の公共料金を支払ってみてはいかがでしょうか。

 

【楽天カード入会は以下から】

【公共料金キャンペーン中!】イオンカードで20%キャッシュバックも!

 

公共料金の支払いで1加盟店ごとに500ポイントがもらえるイオンカードでは、

新規入会キャンペーンも行っています。



【キャンペーン概要】

対象入会期間:2019年7月1日(月) ~ 2019年9月30日(月)

キャッシュバック対象利用期間:①2019年7月25日(木) ~ 2019年7月31日(水)、②2019年8月25日(日) ~ 2019年8月31日(土)、③2019年9月24日(火) ~ 2019年9月30日(月)

対象カード:すべてのイオンマークのカード、デビットカード、JQ SUGOCA、JMB JQ SUGOCA

 

対象期間内に入会すると、イオンカード決済金額の最大20%分のキャッシュバック※が受けられます。

※公共料金は対象外

スマホ決済と異なり、ポイント還元ではなく現金キャッシュバックなのでかなりお得です。

 

スマホ決済よりも多数のお店で使えるイオンカードなので、これを機会に入会してみませんか。

 

【キャンペーン詳細は以下の記事で】

節約嫌いの貯金術

イオンカードで新規入会のお得なキャンペーンが実施されています。対象期間の支払い額の20%が還元されるキャンペーンです。今…

 

最新情報をチェックしよう!