【キャッシュレス決済】楽天ペイと楽天キャッシュの違いとは?

運営12年の信頼!安心のお小遣いサイトはちょびリッチ

スマホ決済サービス楽天ペイを利用しようとして、「楽天キャッシュ」という言葉を目にした方も多いでしょう。

楽天ペイと楽天キャッシュの違いはいったい何なのでしょうか。

 

今回は、楽天ペイと楽天キャッシュの違いを徹底的に解説していきます。

 

【楽天ペイと楽天キャッシュの違い】楽天ペイとは?

 

楽天ペイとは、楽天IDに登録しているクレジットカードで、

街のお店や楽天グループ以外のオンラインショッピングでの決済に利用することができるサービスです。

 

【楽天ペイの支払い方法】

  • 楽天ペイアプリによるQRコード/バーコード表示決済
  • オンラインショッピングでの楽天ペイ決済

 

つまり、楽天ペイは、スマホ1つでクレジットカード決済が利用できるサービスであり、

チャージが必要な電子マネーではありません。

 

【楽天ペイと楽天キャッシュの違い】楽天キャッシュとは?

 

楽天キャッシュとは、スマホアプリで簡単に管理できる楽天の電子マネーです。

楽天の電子マネーは楽天Edyがありますが、楽天キャッシュの大きな特徴は、そのチャージ方法です。

 

楽天キャッシュは、ラクマの売上金からもチャージできる!

 

楽天キャッシュは電子マネーなので、使用するためにはチャージが必要になります。

楽天キャッシュのチャージ方法には以下の3つがあります。

 

【楽天キャッシュのチャージ方法】

  • クレジットカード(楽天カード含む)からのチャージ
  • ラクマの売上金からのチャージ
  • 他の人から楽天キャッシュを受け取る

 

楽天カードからのチャージでは、200円ごとに1ポイントの楽天スーパーポイントを獲得することができます。

また、楽天が運営するフリマアプリ、ラクマの売上金からもチャージすることができます。

 

【楽天ペイと楽天キャッシュの違い】楽天キャッシュを楽天ペイで使える!

 

楽天キャッシュは電子マネーですが、どのように使用すればいいのでしょうか。

実は、楽天キャッシュは楽天市場などの楽天関連サービスで決済に利用できるだけでなく

楽天ペイアプリを使用すれば、街でのお買い物にも利用することができます。

 

【楽天ペイアプリで楽天キャッシュを使う方法】

  1. 楽天ペイアプリを起動する
  2. 「すべてのポイント/キャッシュを使う 設定」をタップ
  3. 「すべて使う」「一部使う」を選択し、キャッシュを使うを選んでOKをタップ
  4. 楽天ペイでの決済と同時に楽天キャッシュが使用される

 

以上の手順で簡単に楽天キャッシュを使うことができます。

 

【どっちが便利?】楽天キャッシュを楽天ペイで使うメリットは?

 

楽天ペイは、残高へのチャージが不要なスマホ決済サービスです。

楽天IDに登録しているクレジットカードなら、楽天カード以外での決済も可能となっています。

 

それでは、楽天キャッシュを楽天ペイで使うことでどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

楽天ペイで楽天キャッシュを使うメリットその1:使いすぎを防ぐことができる

 

楽天ペイは、クレジットカードによる決済のため、

使いすぎてしまう恐れがあります。

 

「スマホ決済サービスは使いすぎが心配」という方は、あらかじめ楽天キャッシュにチャージしておいた金額のみを

楽天ペイで使用することで、使いすぎを防ぐことができます。

 

楽天ペイで楽天キャッシュを使うメリットその2:ラクマの売上金をすぐに街で使える

 

フリマアプリ、ラクマの売上金を銀行振込で受け取ると、振込手数料が216円かかります。

一方、ラクマの売上金を楽天キャッシュにチャージする場合は、手数料は一切かかりません。

 

【ラクマの売上金の使い方と手数料】

銀行振込による受け取り 振込手数料216円(10,000円以上・楽天銀行なら0円)
楽天キャッシュへのチャージ 手数料0円

 

また、ラクマの売上金を銀行振込で受け取る場合には、午前9時以降の申請で、翌日振込となっています。

 

ラクマの売上金を楽天キャッシュにチャージする場合は、即時反映なので、すぐに使うことができるのです。

 

【ラクマの売上金の使い方と所要時間】

銀行振込による受け取り 0時~8時59分なら当日振込、9時以降は翌日振込 (土日は振込なし)
楽天キャッシュへのチャージ 即時反映

 

 

【楽天ペイだけじゃない!】楽天キャッシュは個人間送金もできる!

 

楽天キャッシュの大きな特徴が、個人間送金ができることです。

楽天ペイアプリを使用して、連絡帳に登録している相手・メールなどで連絡が取れる相手に

楽天キャッシュを送金することができます。

 

スマホ1つで送金が完了するので、割り勘などの際に便利です。

 

【楽天ペイで使える!】楽天キャッシュと楽天Edyはどう違う?

 

楽天の電子マネーと言えば、楽天キャッシュよりも楽天Edyを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

楽天Edyは、Edy一体型の楽天カードや楽天Edyカードで利用可能な電子マネーで、コンビニ・スーパー・ドラッグストアなどの店舗で利用することができます。

 

楽天キャッシュと楽天Edyの特徴を比較していきましょう。

 

【楽天キャッシュと楽天Edyの特徴】

電子マネー名称 楽天キャッシュ 楽天Edy
楽天カードによるチャージ 〇(チャージ200円ごとに1ポイント) 〇(チャージ200円ごとに1ポイント)
ラクマ売上金によるチャージ
決済によるポイント還元 〇(楽天ペイアプリ使用で200円ごとに1ポイント) 〇(200円ごとに1ポイント)
楽天ペイでの利用
個人間送金
加盟店の多さ △(拡大中) 〇(35万店舗以上)

 

楽天キャッシュには、ラクマ売上金からのチャージや個人間送金といったメリットはありますが、

加盟店の数はまだ楽天Edyに劣っています。

 

今後加盟店が拡大してけば、楽天キャッシュも便利な電子マネーとして使用できるでしょう。

 

【まとめ】楽天キャッシュは楽天ペイで使える電子マネー!便利な機能も!

 

今回は、楽天ペイと楽天キャッシュの違いについてご紹介してきました。

楽天キャッシュは、楽天ペイで使用可能な楽天の電子マネーです。

 

楽天Edyとの大きな違いは、

  1. ラクマの売上金からのチャージが可能
  2. 個人間送金が可能

という2点です。

 

また、楽天ペイでの使いすぎが心配な方は、楽天キャッシュをチャージして使うことで、使いすぎを防ぐことができます。

クレジットカードからもチャージ可能なので、ラクマの売上金がない方でも使用することができますよ。

 

楽天の電子マネー、楽天キャッシュを活用してみませんか。

最新情報をチェックしよう!