【2019年版】Y!mobileのメリット総まとめ!無料通話コミで1,480円~!

格安スマホに乗り換えることで、月々のスマホ料金を大幅に節約することができます。

私、ひめおかはauからUQmobileに乗り換え、スマホ料金の節約に成功しました。

 

実際に格安スマホに乗り換えを検討しているという方も多いのではないでしょうか。

今回は、UQmobileと並んで人気の高い、ソフトバンクのサブブランド、Y!mobileのメリットをご紹介します。

 

【この記事の内容は、Y!mobile公式サイトを元に構成しています】

公式サイト:Y!mobile(公式オンラインストア)

 

【人気の格安スマホ各社の料金プラン比較は以下の記事で】

節約嫌いの貯金術

UQmobileの料金プランは、人気の格安スマホ各社と比べて本当にお得なのでしょうか。今回は、UQmobileとY!mo…

 

目次

【Y!mobile】メリットまとめ!家族割適用で月3GB 1,480円~!

 

それでは早速、Y!mobileのメリットをまとめてご紹介しましょう。

【Y!mobileのメリット】

  • ソフトバンクのサブブランドで通信速度が速い
  • 月額基本料金が安い
  • 料金プランがわかりやすい・シンプル
  • 基本プランに無料通話がついている
  • 完全かけ放題オプションが付けられる
  • 最低利用期間・契約解除料なし
  • iPhoneなどのスマホ端末も安く購入できる
  • 家族割がある
  • 家のネットをまとめれば、割引が受けられる
  • 家のでんきをまとめれば、割引が受けられる
  • PayPayモール・Yahoo!ショッピング・LOHACOでの買い物がお得になる
  • Yahoo!プレミアム会員が無料になる
  • 毎月の利用料金をPayPay残高で支払える
  • ソフトバンクの公衆Wi-Fiが無料で使える
  • Yahoo!かんたんバックアップが容量無制限で無料で使える
  • キャリアメール(@yahoo.ne.jp)が無料で使える
  • 留守番電話サービスが無料
  • デザリングが無料で使える
  • サポートオプションが充実している
  • 端末補償サービスがある(有料)
  • 子供向けの安心フィルターが無料で使える
  • 子供の位置がリアルタイムで分かる「位置ナビ」が使える
  • 専用ショップがある(全国1,000店舗)
  • Yahoo!JAPANのサービス利用でマイルが貯まる

 

それぞれのメリットの内容について、

詳しくご紹介していきます。

 

 

 

【Y!mobile】メリットその1:ソフトバンクのサブブランドで通信速度が速い

 

Y!mobileは、ソフトバンクが運営しています。

 

回線はもちろんソフトバンク回線・高速データ通信4Gに対応しています。

 

他社の回線を借りて運営している格安スマホ会社(MVNO)とは異なり、自社の回線を使っているので

安定して高速通信を提供することができます。

 

ちなみに、格安スマホ会社のうち、大手のサブブランドとして位置づけられるのは、

Y!mobileとUQmobile(auのサブブランド)の2社のみです。

 

【Y!mobile】メリットその2:月額基本料金が安い

 

Y!mobileでは、2019年10月から新しい料金プランがスタートしました。

以下3つのプランから、自分に合わせたプランを選ぶことができます。

 

【Y!mobileスマホベーシックプラン一覧表】

料金プラン名 月額基本料金 データ容量(※) 無料通話 通話料 最低利用期間
スマホプランS 2,680円 最大4G/月 10分(国内通話)

かけ放題

20円/30秒 なし

※契約解除料なし

スマホプランM 3,680円 最大12G/月
スマホプランR 4,680円 最大17G/月
上記の月額基本料金からさらに、以下の割引を受けることもできます。
  • 新規割(契約から6か月間):700円割引
  • おうち光セット割 もしくは 家族割(契約から6か月間):500円割引

 

2つの割引を同時に適用すると、スマホプランSは月額1,480円(6か月間)となります。

 

国内通話10分のかけ放題が付いて月額1,480円~というのは、かなり安い料金設定となっています。

 

※データ容量についての注意事項

2019年11月28日までのキャンペーンにより、

新規、のりかえ、PHSからの契約変更の場合には、通常月額500円のデータ増量オプションが2年間無料となります。

2年経過後は、「データ増量オプション」の料金として月額500円かかるので注意しましょう。

 

 

【Y!mobile】メリットその3:料金プランがわかりやすい・シンプル

 

Y!mobileの料金プランはとてもシンプルです。

 

スマホベーシックプランはS/M/Rの3種類のみで、

自分に合わせたプランを選べるようになっています。

 

 

 

【Y!mobile】メリットその4:基本プランに無料通話がついている

 

Y!mobileでは、スマホベーシックプランS/M/Rのすべてのプランに

  • 国内通話10分/回かけ放題

が付いています。

 

国内通話10分/回かけ放題がオプション料不要で付いてくるのは、

Y!mobileならではのメリットです。

 

国内通話10分/回かけ放題はオプション料いくらぐらい?
Y!mobileでは基本プランに組み込まれている、「国内通話10分/回」かけ放題サービスですが、
他社ではオプション扱いとなることが多いです。
オプションの料金はどのくらいが相場なのでしょうか。
【格安スマホ各社 国内通話10分/回かけ放題オプションの料金は?】
会社名 オプション料金(税抜) オプション込月額基本料金(税抜)
Y!mobile 不要 スマホベーシックS:2,680円
(新規契約後6か月間:1,980円)
UQ mobile
700円 スマホプランS:2,680円
OCN モバイル ONE 850円 日単位110MBコース:2,450円(初月無料)
LINEモバイル 880円 コミュニケーションフリー3GB/月:2,570円

【Y!mobile】メリットその5:完全かけ放題オプションが付けられる

 

Y!mobileでは、月額1,000円で(※60歳以上でかんたんスマホ使用なら無料)

スーパーだれとでも定額というオプションサービが付けられます。

 

スーパーだれとでも定額に加入すれば、10分以上/回の国内通話も無制限で無料になりますよ。

 

Q:[スーパーだれとでも定額]どのようなサービスですか?

A:国内の(他社も含む)携帯電話、一般加入電話、IP電話(050から始まる電話)への通話が、通話回数、通話時間制限なく無料になるサービスです。ワイモバイルカスタマーセンター(151)にかける場合も無料です。

引用:Y!mobile公式サイト(2019年11月16日アクセス)

 

上記のように、「スーパーだれとでも定額」は

月額1,000円のオプション料で、国内通話が完全にかけ放題になるサービスです。

 

完全かけ放題オプションがある格安スマホは?
完全かけ放題オプションがある格安スマホ会社は、2019年11月現在、
以下の3社です。
会社名 オプション名 オプション基本料金(税抜) 月額基本料金
Y!mobile スーパーだれとでも定額 1,000円(60歳以上のかんたんスマホユーザーは無料) スマホベーシックS:3,680円
(新規契約後6か月間:2,980円)
QTモバイル 無制限かけ放題 2,500円 3GB/月:4,050円

(新規契約後12か月間:3,490円)

イオンモバイル 050かけ放題 1,500円 音声4GB:3,080円

【Y!mobile】メリットその6:最低利用期間・契約解除料なし

 

2019年9月以前のプランには、

最低利用期間の定めや契約解除料があったY!mobileですが、

 

2019年10月以降は最低利用期間の定めや契約解除料(違約金)がなくなりました。

 

Y!mobileでは、

「2年以内に解約したら違約金が発生する」という心配はありません。

 

法律により、2年契約の違約金の上限は1,000円になりました!
Y!mobileでは、違約金の発生を心配する必要はありませんが、
他社では違約金の発生がある会社もあります。
ただし、2019年10月1日より施行された改正電気通信事業法により
違約金の上限金額を1,000円に定められたため、
10月以降の新しい2年契約については、2年以内の解約でも発生する違約金はどの会社も1,000円以下となります。
従来のように1万円近い金額の違約金が発生してしまう心配はなくなりました。

 

 

【Y!mobile】メリットその7:iPhoneなどスマホ端末も安く購入できる

 

Y!mobileは、SIMのみを購入し

お手持ちのスマホに差し込むだけで乗り換えが完了しますが、

 

「新しい端末も欲しい」という方のために、端末も販売されています。

 

2019年11月現在、例えば以下のようなスマホ端末が安く購入できます。※一部抜粋

※Y!mobile公式オンラインショップの場合(のりかえの場合)

端末名 一括払い 料金(税込) 分割払い 料金/月(税抜)
iPhone7 (32GB)39,600円

(128GB)50,400円

(32GB)24回 1,650円、36回 1,100円
(128GB)24回 2,100円、36回 1,400円
iPhone6S (32GB)20,160円

(128GB)30,600円

(32GB)24回 840円、36回 560円
(128GB)24回 1,275円、36回 850円
Xperia 8 39,600円 24回 1,650円、36回 1,100円
HUAWEI P30 lite 25,199円 24回 1,050円、36回 700円
Android One X5 41,400円  

24回 1,725円、36回 1,150円

 

かんたんスマホ 32,400円 24回 1,350円、36回 900円

 

端末代は、のりかえ・MNPならY!mobile標準価格よりも14,400円割引となっています。

 

【Y1mobile】メリットその8:家族割がある

 

Y!mobileは、家族でまとめて契約するとお得になる「家族割」があります。

家族割割引額:2回線目以降最大9回線まで、毎月500円割引

 

夫婦2人でスマホベーシックプランSを契約した場合、月額基本料金は以下の通りです。

  • 1人目(主回線):2,680円(新規割で6か月間は1,980円)
  • 2人目(副回線):2,180円(新規割で6か月間は1,480円)

合計金額:4,860円(新規割で6か月間は3,460円)

 

Y!mobileの家族割の適用範囲は?
Y!mobileの家族割の適用対象となるのは、同居している家族だけではありません。
家族割引サービスの“家族”とは?
ご家族(血縁・婚姻)、または同姓、もしくは同住所(生計を同じくしている)であることが確認できること。
お手続きには家族確認書類が必要となります。
引用:Y!mobile公式サイト(2019年11月17日アクセス)
上記の通り、Y!mobileの家族割に親等数の制限はありません。
また、同性ではなくても同住所であれば適用範囲となるので、同居中の恋人同士でも家族割の適用はが可です。

【Y!mobile】メリットその9:家のネットをまとめれば、割引が受けられる

 

Y!mobileには、対象のネット回線の契約でスマホ料金が毎月割引になる

おうち割という割引サービスがあります。

 

ただし、家族割との併用はできません。

 

【対象サービスと割引額】

おうちのネット Y!mobileのプラン 家族ひとり当たりの割引額
  • SoftBank Air
  • SoftBank 光

上記のうちいずれか

スマホプランS 500円
スマホプランM/R 700円

 

【Y!mobile】メリットその10:家のでんきをまとめれば、割引が受けられる

 

Y!mobileのおうち割には、ネット回線だけでなく家のでんきをまとめて受けられる割引サービスもあります。

 

おうち割(でんきセット)は、

対象のでんきサービスを利用すると、

スマホが最大10回線まで毎月100円割引になるサービスです。(25ヵ月目以降は毎月50円割引)

 

【おうち割でんきセット対象でんきサービス】

対象地域 対象サービス
北海道電力エリア・東北電力エリア・東京電力エリア・

中部電力エリア・関西電力エリア・中国電力エリア・

四国電力エリア・沖縄電力エリア

おうちでんき
北陸電力エリア 北陸電力対象プラン
九州電力エリア 九州電力対象プラン

 

日本全国でおうち割(でんきセット)の適用を受けることができます。

 

※おうち割(でんきセット)は、家族割との併用も可能です。

 

【Y!mobile】メリットその11:PayPayモール・Yahoo!ショッピング・LOHACOでの買い物がお得になる

 

Y!mobileのスマホベーシックプランを契約すれば、

Yahoo!プレミアム会員の会費が無料なります。

 

Yahoo!プレミアム会員なら、

  • PayPayモール
  • Yahoo!ショッピング
  • LOHACO

での買い物時に、いつでも5%還元(Tポイント1%+PayPayボーナスライト4%)を受けることができ、

とてもお得です。

 

さらに、Y!mobile会員が加入できるオプションサービス、「Enjoyパック」(月額500円)に加入すれば、

以下の特典が受けられます。

  • PayPayモール・Yahoo!ショッピングで使える500円OFFクーポンが毎月もらえる
  • PayPayモール・Yahoo!ショッピング・LOHACOのお買い物でPayPayボーナスライト9%(+5%)戻ってくる
  • 毎月500円分のパケット料金がついてくる

 

毎月500円のクーポンがもらえるので、月額費用の元は取れます。

さらにPayPayボーナスライトの還元率もアップするので、PayPayモールやYahoo!ショッピングの利用者には

うれしいオプションサービスです。

 

 

【Y!mobile】メリットその12:Yahoo!プレミアム会員が無料になる

 

前述の通り、

Y!mobileの契約者なら、Yahoo!プレミアム会員の会費(通常月額462円)が無料になります。

 

【ワイモバなら無料】Yahoo!プレミアムの主な特典
  • PayPayモール・Yahoo!ショッピング・LOHACOで、いつでも5%還元(Tポイント1%+PayPayボーナスライト4%)
  • 年間最大10万円の「お買いものあんしん補償」
  • 「読み放題プレミアム」で雑誌110誌&マンガ13,000冊が読み放題
  • 「パ・リーグLIVE」でパリーグ公式戦・交流戦・クライマックスシリーズのライブ中継が観れる
  • Yahoo!かんたんバックアップが容量無制限

 

 

 

【Y!mobile】メリットその13:毎月の利用料金をPayPay残高で支払える

 

Y!mobileでは、毎月のスマホ利用料金をPayPay残高で支払うことができます

PayPayの利用頻度が高くPayPayボーナスが貯まっている方にはうれしいサービスですよね。

 

ただし、PayPayで支払っても特典付与はありません。

 

 

【Y!mobile】メリットその14:ソフトバンクの公衆Wi-Fiが無料で使える

 

Y!mobileでは、全国の駅やカフェなどで「ソフトバンクWi-Fiサービス」が無料で使えます。

画像引用:https://www.ymobile.jp/service/sws/

 

【Y!mobile】メリットその15:Yahoo!かんたんバックアップが容量無制限で無料で使える

 

Y!mobileの契約者は、Yahoo!のオンラインストレージサービス、

「Yahoo!かんたんバックアップ」を容量無制限で、無料で使用することができます。

 

データの管理や機種変更時にも便利なバックアップアプリを、容量無制限で使えるのはうれしいですよね。

 

【Y!mobile】メリットその16:キャリアメール(@yahoo.ne.jp)が無料で使える

 

三大キャリア(au/SoftBank/Docomo)で使用していたキャリアメール(例:auなら~@ezweb.ne.jp)

は、格安スマホに乗り換えると使えなくなります。

 

また、格安スマホ会社にはキャリアメールがない場合がほとんどなので、

Gmailなどのフリーアドレスをあらかじめ取得しておく必要があります。

 

ただし、Y!mobileとUQmobileのサブブランド2社のみ、格安スマホでありながら

キャリアメールが使えます。

 

さらに、UQmobileの場合はオプション料が月額200円かかりますが、

Y!mobileではキャリアメール(~@yahoo.ne.jp)が無料で使えます。

 

しかも容量無制限でウイルスチェックなどの基本サービスも無料で使えますよ。

 

 

【Y!mobile】メリットその17:留守番電話サービスが無料

 

Y!mobileでは、留守番電話サービスが無料・申し込み不要で使えます。

【留守番電話サービス概要】

保存件数 3分までの伝言を30件まで
保存期間 72時間

上記の留守番電話サービスでは足りないという方は、

  • 伝言を100件まで、最大1週間保存できる
  • ボイスメッセージが使える

上記のサービスが受けられる留守番電話プラス(月額300円)に加入することもできます。

 

格安スマホ各社の留守番電話サービスは?
Y!mobileでは無料で使える留守番電話サービスですが、
格安スマホ各社ではオプション扱いになっている場合が多いです。
会社名 オプション料金(税抜) オプション料込の月額基本料金(税抜)
Y!mobile 不要 スマホベーシックS:2,680円
(新規契約後6か月間:1,980円)
UQ mobile
380円(電話基本パック) スマホプランS:2,360円
OCN モバイル ONE 300円 日単位110MBコース:1,900円(初月無料)
LINEモバイル 300円(ドコモ回線・au回線)

※ソフトバンク回線なら無料

コミュニケーションフリー3GB/月:1,990円

 

【Y!mobile】メリットその18:デザリングが無料で使える

 

Y!mobileでは、

デザリングが無料で利用できます。

大手キャリアではデザリングがオプション扱いとなり利用料金がかかる場合もありますが、

Y!mobileでその心配はありません。

 

 

【Y!mobile】メリットその19:サポートオプションが充実している

 

Y!mobileは、スマホの設定やアプリの使い方、パソコンなどの使い方もサポートしてくれる

「ワイドサポート」というオプションサービスを提供しています。

 

オプション料金は月額500円です。

スマホやパソコンなどについてわからないことは電話でオペレーターに相談できる他、

遠隔操作によるサポートを受けることもできます。

 

スマホ操作に自信がない方におすすめのサポートオプションです。

 

 

【Y!mobile】メリットその20:端末補償サービスがある(有料)

 

Y!mobileには、スマホ端末の故障やトラブルに対応してくれる補償サービスも用意されています。

 

【Y!mobile 端末補償サービス一覧】

オプション名 月額料金(税抜) 概要
故障安心パックプラス 690円 スマートフォンを利用する際に不安な以下の3つがセットに。

※iPhoneは対象外

  • 故障・水濡れ・盗難時に対する保証
  • インターネットに潜むウィルスに感染した際の補償
  • 故障・水濡れ時に画像やメールなどの大切なデータを復旧するサービス
故障安心パックライト 500円 USIMカード単体でご契約の方が利用中のSIMフリースマートフォンが破損や故障などした際、指定機種と取り替えできるサービス

※取り換え時に自己負担金あり

AppleCare+ for iPhone 584円~(機種により異なる) iPhoneのみが対象の補償サービス

 

 

【Y!mobile】メリットその21:子供向けの安心フィルターが無料で使える

 

Y!mobileでは、子供のスマホデビューにも安心の

フィルタリングサービスを無料で提供しています。

 

Y!mobileで新規契約時に、利用者本人が20歳未満の場合には、

「青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律」に基づき、

保護者や親権者からの申し出がなければ、原則としてフィルタリングサービスが適用されるので、

申し込みは別途必要ありません。

 

【Y!mobile】メリットその22:子供の位置がリアルタイムで分かる「位置ナビ」が使える

 

Y!mobileでは、子供の場所がリアルタイムで分かる「位置ナビ」をオプションサービスとして

提供しています。

 

【位置ナビ 料金表】

検索者 被検索者
月額料金 200円/月 無料
検索利用料金 5円/回 無料

 

【Y!mobile】メリットその23:専用ショップがある(全国1,000店舗)

 

Y!mobileには、全国1,000店舗の専用ショップがあります。

専用ショップのカウンターなら、わからないことを相談しながら契約することもできます。

 

また、専用ショップでは登録内容の変更なども受けつけてもらうことができます。

「いざというときに頼りになる」カウンターがあるというのは、安心感につながりますよね 。

 

 

【Y!mobile】メリットその24:Yahoo!JAPANのサービス利用でマイルが貯まる

 

Y!mobileの契約者がYahoo!JAPANのサービスを利用すると、

マイル(パケットマイレージ)が貯まります。

 

1か月に80マイル以上貯めると、貯まったマイルのランクに応じて、

翌月、高速で使えるデータ容量の追加料金が無料になります。

 

例えば、Yahoo!JAPANアプリに初めてログインするだけで80マイルもらえます。

他にもYahoo!ショッピングで買い物ごとに10マイルもらえるなど、様々な方法でマイルを貯めることができますよ。

 

【Y!mobile】デメリットはあるの?

 

ここまではY!mobileのメリットをまとめてご紹介しましたが、

メリットがある一方で、Y!mobileにはいくつかのデメリットもあります。

 

【Y!mobileのデメリット】

  • 無料通話なしのプランが選べない
  • データ容量の繰り越しができない
  • データ容量の家族間シェアができない

 

それぞれのデメリットについて詳しくご紹介します。

 

【Y!mobile】デメリットその1:無料通話なしのプランが選べない

 

Y!mobileと同じく大手キャリアのサブブランドとして人気の高いUQ mobile

は、2019年10月からの新プランで、無料通話なしの格安プラン(スマホプランS:基本料金1,980円~)をスタートさせました。

 

Y!mobileの類似プランでは、基本料金が700円高くなります。

(スマホベーシックプランS:2,680円)

 

「無料通話は必要ない」という方にとっては、無料通話なしプランを選択できないのは

Y!mobileのデメリットと言えるでしょう。

 

【Y!mobile】デメリットその2:データ容量の繰り越しできない

 

Y!mobileと同じく大手キャリアのサブブランドとして人気の高いUQ mobile

では、余ったデータ容量を翌月に繰り越すことができます。

 

繰り越せるデータ容量の上限は、

翌月に適用されるプランの基本データ容量と同じ容量までとなっています。

 

スマホプランSなら、最大3GBのデータ容量が繰り越しでき、

容量消費は、①くりこし分②月間データ容量③追加購入データ容量の順番

で行われるので無駄がありません。

 

一方でY!mobileではデータ容量の繰り越しはできません。

 

 

【Y!mobile】デメリットその3:データ容量の家族間シェアができない

 

Y!mobileでは、データ容量の家族間シェアができません。

 

大手キャリアでは家族間でデータがシェアできるプランがありますが、

サブブランド2社はY!mobile・UQmobile共に家族間でデータ容量をシェアすることはできません。

 

補足:【家族間データ容量シェアが可能な主な格安スマホ会社】

 

【まとめ】Y!mobileはメリットだらけ!毎月のスマホ料金を節約しよう!

 

今回は、格安スマホ、Y!mobileのメリットについてご紹介しました。

 

Y!mobileは、SoftBankのサブブランドとしての高い品質と安い月額料金を兼ね備えた

人気の格安スマホ会社です。

 

料金プランはとてもシンプルで、

  • スマホベーシックプランS/M/R

のいずれかのプランを選択して契約することになります。

 

いずれのプランも国内通話10分/回かけ放題の無料通話が付いていますよ。

 

Y!mobileでは、

自分に必要なデータ容量に合わせてプランを選ぶことができます。

 

毎月5のつく日にオンラインストアからの

新規・ソフトバンク以外からのりかえ(MNP)契約で

最大15,555円相当のPayPayボーナスがもらえる!

(2019年11月25日から)

公式:Y!mobileオンラインストア

 

 

格安スマホ各社のメリット総まとめ!
Y!mobile以外の格安スマホ会社にはどのようなメリットがあるのでしょうか。
【UQmobileのメリット総まとめは以下の記事で】
節約嫌いの貯金術

人気の高い格安スマホ、UQmobileにはどのようなメリットがあるのでしょうか。今回は、auのサブブランド、UQmobi…

【OCNモバイルONEのメリット総まとめは以下の記事で】
節約嫌いの貯金術

OCNモバイルONEは、NTTグループ運営の格安スマホです。そんなOCNモバイルONEにはどのようなメリットがあるのでし…

最新情報をチェックしよう!