楽天カードとJCB CARD Wを徹底比較!お得なのはどっち?

年会費無料で発行できる人気のクレジットカード、楽天カードとJCB CARD Wは

どちらを発行する方がお得なのでしょうか。

 

今回は、楽天カードとJCB CARD Wを徹底比較し、どちらがお得かをご紹介していきます。

 

【楽天カードのメリットは以下の記事で】

節約嫌いの貯金術

楽天カードは、年会費無料で発行できる人気のクレジットカードです。そんな楽天カードにはどんなメリット・デメリットがあるので…

 

【JCB CARD Wのメリットは以下の記事で】

節約嫌いの貯金術

JCB CARD Wは年会費無料で発行できる人気のクレジットカードです。今回はJCB CARD Wのポイント還元率やメリ…

JCBオリジナルシリーズ

 

目次

【楽天カードとJCB CARD Wの基本情報は?】

 

それではまず、楽天カードとJCB CARD Wの基本情報を簡単にまとめます。

【楽天カード・JCB CARD W基本情報比較表】

楽天カード JCB CARD W
年会費 無料 無料
家族カード年会費 無料 無料
ETCカード年会費 500円(税別)※ただし、ダイヤモンド会員・プラチナ会員は無料 無料
国際ブランド VISA・JCB・MasterCard、AMEX JCB のみ
ポイント還元率 1%(100円ごとに1ポイント)

※1ポイント=1円相当

1%(1,000円ごとに2ポイント)

※1ポイント=5円相当

貯まるポイント 楽天スーパーポイント OkiDokiポイント
カード付帯電子マネー 楽天Edy QUICPay
ゴールドカード 年会費2,000円

(インビテーションなし)

JCB ゴールド年会費:初年度無料・次年度以降10,500円

(インビテーションなし)

海外旅行保険 利用付帯 利用付帯
即日発行 できない できない
補足 39歳以下のみ入会可能

 

年会費無料の2つのクレジットカードですが、ちょっとした違いがあることがわかりますね。

 

JCB CARD Wは39歳以下のみ入会可能となっています。

 

【楽天カードとJCB CARD W】ポイント還元率で比較!

 

楽天カードとJCB CARD Wのポイント還元率は以下の通りです。

【ポイント還元率】

  • 楽天カード:1%(1決済利用金額100円ごとに1ポイント)※1ポイント=1円相当
  • JCB CARD W:1%(月間利用金額1,000円ごとに2イント)※1ポイント=5円相当

 

ただし、以下のようにポイント還元率がアップします。

【楽天カードのポイント還元率】

  • 楽天市場:常時3%以上
  • 楽天ペイ併用:6%※要エントリー ※キャンペーン期間のみ(2019年12月2日まで)
  • 楽天市場で月間買い物額2万円以上で、街での利用:2%※要エントリー
  • エネオス:最大1.5%(通常ポイントに加え、200円ごとに1ポイントのボーナスポイント)

 

 

【JCB CARD Wのポイント還元率】

  • 入会から3か月間:常時5%~最大15% ※上限あり
  • スターバックスカードへのオンライン入金:常時5.5%
  • セブンイレブン:常時2%
  • Amazon:常時2%
  • 昭和シェル石油:常時1.5%
  • その他JCB オリジナルシリーズ優待店でポイント還元率アップ

 

楽天市場では楽天カード、AmazonではJCB CARD Wがお得です。

エネオスでは楽天カード、昭和シェル石油ではJCB CARD Wがお得です。

 

使うお店によって、どちらのカードの方がお得かが変わってきます。

 

【楽天カードとJCB CARD W】ネットショッピングでお得なのはどっち?

 

楽天カードとJCB CARD Wには、ネットショッピングがお得になるポイントサイトがそれぞれにあります。

  • 楽天カード:楽天Rebates(リーベイツ)
  • JCB CARD W:Oki Dokiランド

 

どちらのポイントサイトの方がお得かを比較していきましょう。

 

【楽天Rebates・Oki Dokiランド比較表】

楽天Rebates(リーベイツ)・楽天カード

ポイント還元率

Oki Dokiランド・JCB CARD W

ポイント還元率

楽天市場 3%~ 1.5%
Amazon 1% 2%
Yahoo!ショッピング 1% 1.5%
LOHACO(ロハコ) 1.5% 1.5%

 

楽天市場でのポイント還元率は楽天カードがお得です。

Amazonでのポイント還元率はJCB CARD Wの方がお得です。

 

楽天RebatesもOkiDokiランドも上記以外にも多数のショップが対象となります。

還元率が気になる方は、カード発行前でもそれぞれの公式サイトで還元率をチェックすることができます。

 

楽天Rebatesの公式サイトはこちら

※アプリの方がお得な場合もあります。

 

OkiDokiランドの公式サイトはこちら

 

 【楽天カードとJCB CARD W】ポイントの使い方で比較!

 

楽天カードとJCB CARD Wのポイント還元率はどちらも1%です。

それでは、ポイントの使い方にはどのような差があるでしょうか。

 

【楽天カード】楽天スーパーポイントの使い方

 

楽天カードの決済で貯まる楽天ポイントは、以下の2つのみ交換が可能です。

【楽天ポイント相互交換可能ポイント】

  • 楽天Edy残高(1ポイント=1円分)
  • ANAマイル(2ポイント=1マイル)

 

楽天スーパーポイントは交換先が少ないので、楽天スーパーポイントのまま使うことが多くなるでしょう。

楽天スーパーポイントの使い道には、以下のようなものがあります。

いずれも1ポイント=1円として利用が可能です。

 

【楽天スーパーポイント使い方】

 

楽天スーパーポイントは加盟店も多いので、1ポイントから便利に使うことができます。

また、スマホ決済楽天ペイでも使えるので、コンビニやドラッグストアでの支払いにも使うことができますよ。

 

楽天カードの支払い額に充当することもできるので、クレジット決済できるお店なら

実質的にはどこでも使えるということになります。

 

 

【JCB CARD W】OkiDokiポイントの使い方

 

JCB CARD Wの月間利用金額に応じて貯まるOkiDokiポイントは、

交換先が多いというメリットがあります。

 

ただし、OkiDokiポイントの1ポイントの価値はポイントの使い方によって異なります。

 

【OkiDokiポイントの主な使い方と還元率】

使い方 使用可能ポイント、単位 1ポイントの価値 還元率
JCBプレモカードへのチャージ 200ポイント以上、1ポイント単位 5円分 1%
Amazonでポイントを使う 1ポイント以上、1ポイント単位 3.5円分 0.7%
nanacoポイントに移行 200ポイント以上、1ポイント単位 5ポイント 1%
ビックポイント・ビックネットポイントに移行 200ポイント以上、1ポイント単位 5ポイント 1%
ジョーシンポイントに移行 200ポイント以上、1ポイント単位 5ポイント 1%
ベルメゾン・ポイントに移行 200ポイント以上、1ポイント単位 5ポイント 1%
セシールスマイルポイントに移行 200ポイント以上、1ポイント単位 5ポイント 1%
スターバックスカードへのチャージ 200ポイント以上、1ポイント単位 4円分 0.8%
カード利用金額から割引(キャッシュバック) 1ポイント以上、1ポイント単位 3円 0.6%
dポイントに移行 200ポイント以上、1ポイント単位 4ポイント 0.8%
auWALLETポイントに移行 200ポイント以上、1ポイント単位 4ポイント 0.8%
楽天スーパーポイントに移行 200ポイント以上、1ポイント単位 4ポイント 0.8%
Tポイントに移行 500ポイント以上、100ポイント単位 4ポイント 0.8%
WAONポイントに移行 200ポイント以上、10ポイント単位 4ポイント 0.8%
Pontaポイントに移行 1申し込みにつき250ポイント 4ポイント 0.8%

 

ポイント還元率1%をキープできるの交換先も充実していますね。

 

ちなみに、OkiDokiポイントはマイルへの移行も可能です。

使い方 使用可能ポイント、単位 1ポイントの価値
JALマイルに移行 500ポイント以上、1ポイント単位 3マイル
ANAマイルに移行 500ポイント以上、1ポイント単位 3マイル
ANA SKY コインに移行 500ポイント以上、1ポイント単位 3コイン
デルタ航空マイルに移行 500ポイント以上、1ポイント単位 3マイル

 

 

楽天スーパーポイントはANAマイルのみ交換が可能ですが、

OkiDokiポイントなら、JALマイルやデルタ航空マイルにも交換ができます。

 

また、OkiDokiポイントは、東京ディズニーリゾートのパークチケットとの交換もできます。

パークチケット1枚あたり、1,600ポイントで交換可能です。

 

※パークチケットの通常価格は7,400円(大人1枚)なので、1ポイントの価値は4.625円となります。

 

 【楽天カードとJCB CARD W】ポイントの有効期限で比較!

 

ポイントの使い方と同時に気になるのが、ポイントの有効期限ですよね。

続いては、楽天カードとJCB CARD Wで貯まるポイントの有効期限を比較します。

 

【ポイント有効期限】

ポイント 有効期限 注意事項
楽天スーパーポイント 最後にポイントを獲得した月を含めた1年間 期間限定ポイントもあるので注意
OkiDokiポイント ポイント獲得月から2年間

 

楽天スーパーポイントは、楽天カードを使い続けていれば有効期限を気にする必要はありません。

 

ただし、キャンペーン(楽天ペイなど)で付与されるポイントは期間限定ポイントとなっているため、

ポイントごとの有効期限に注意する必要があります。

 

OkiDokiポイントは、JCB CARD Wの場合有効期限は獲得月から2年間となるので、

期限内に使用する必要があります。

 

【楽天カードとJCB CARD W】ETCカードで比較!

 

楽天カードもJCB CARD WもETCカードの発行が可能です。

 

年会費は以下の通りです。

  • 楽天カード ETCカード:年会費540円(税込)
  • JCB CARD W ETCカード:年会費無料

 

JCB CARD WのETCカードは年会費無料です。

※楽天カードも、楽天会員のダイヤモンド会員・プラチナ会員は年会費無料になります。

 

ポイント還元率は以下の通りです。

  • 楽天カード ETCカード:1%(通行料金100円ごとに1ポイント)
  • JCB CARD W ETCカード:1%(月間利用金額1,000円ごとに2OkiDokiポイント)

 

※楽天ポイントは1ポイント=1円相当、OkiDokiポイントは1ポイント=5円相当

 

楽天カードは年会費がかかるものの、100円ごとにポイントが貯まるため、

ポイントが貯まりやすい(無駄がない)というメリットがあります。

 

ただし、ポイント還元率は変わりません。

 

補足:楽天カードのETCカードの年会費を無料にする方法

 

楽天会員にはランク制度があり、楽天カードのETCカードの年会費を無料にするためには、

最低でもプラチナ会員になる必要があります。

 

プラチナ会員のランクアップ・キープの条件は、以下の通りです。

  1. 過去6ヶ月で2,000ポイント獲得
  2. 過去6か月間で15回以上ポイントを獲得

 

これらを達成するためには、以下の2つを同時に満たす必要があります。

  • 1か月あたり楽天カードで約33,400円の決済
  • 1か月あたり楽天カードを2.5回以上使う

 

ただし、楽天ポイントの獲得方法は楽天カードの決済だけではないので、

楽天ポイント加盟店での楽天カードの提示(還元率0.5%~1%)や、楽天市場での買い物(還元率3%以上)でもポイントを貯めることができますよ。

 

【楽天会員のランク制度については以下の記事で】

節約嫌いの貯金術

楽天会員には5つのランクがあることをご存知でしょうか。今回は、楽天会員の中でも最上位ランクのダイヤモンド会員の特典や、ダ…

 

 

【楽天カードとJCB CARD W】海外旅行保険で比較

 

  • 楽天カード:利用付帯
  • JCB CARD W:利用付帯

 

いずれも利用付帯となっています。

海外旅行のツアー料金や飛行機のチケット代金をクレジットカードで支払わなければ

補償の対象とはなりません。

 

【楽天カード・JCB CARD W海外旅行保険 補償内容】

  楽天カード JCB CARD W
死亡・後遺障害 2,000万円 2,000万円
傷害治療費用 200万円 100万円
疾病治療費用 200万円 100万円
賠償責任 2,000万円(免責なし) 2,000万円(免責なし)
救援者費用 100万円 100万円
携行品損害 20万円(免責3,000円) 20万円(免責3,000円)
ショッピング保険 100万円(免責1万円)

 

楽天カードの方が、手厚い補償内容となっています。

ただし、JCB CARD Wには、ショッピングガード保険が付帯されています。

 

【楽天カードとJCB CARD W】電子マネーで比較

 

楽天カードは、楽天Edy一体型となっています。

また、新規発行カードには500円分のEdy残高が入っています。

 

JCB CARD Wは、QUICPayに対応しています。

 

それぞれのカードでポイントが貯まる電子マネーは以下の通りです。

【チャージでポイントが貯まる電子マネー】

  • 楽天カード:楽天Edy(0.5%還元)
  • JCB CARD W:スターバックスカード(5.5%還元)、nanaco(※)

※QUICPay紐づけでポイントが貯まる(チャージではない)

使用する電子マネーに合わせて相性の良いクレジットカードを選ぶのもアリでしょう。

 

JCB CARD Wより楽天カードがおすすめなのはどんな人?

 

ここまでご紹介してきた内容で、楽天カードには、

  • 楽天市場での買い物がお得
  • 100円ごとに1ポイントが貯まる

というメリットがあることをご紹介しました。

 

楽天カードのメリットはそれだけではありません。

続いては、楽天カードならではのメリットをご紹介します。

 

楽天ペイを使ってお得に買い物するなら楽天カード!

 

スマホ決済楽天ペイでは、楽天カードを支払い方法として登録すると、

ポイント還元率が6%になるキャンペーンを開催しています。

 

コンビ二やドラッグストアなどで常時6%還元を受けられるチャンスです。

ただし、楽天カードを支払い方法に設定の上、

楽天ペイのキャンペーンページからのエントリーが必要になります。

 

詳しくは以下の記事でもご紹介しています。

節約嫌いの貯金術

楽天ペイでは、キャッシュレス還元事業に合わせて5%還元キャンペーンが開催されています。今回は、楽天ペイのキャンペーンの内…

 

楽天ポイントカードとしても使える!

 

楽天カードの決済で貯まる楽天スーパーポイントは、

加盟店なら楽天カードを提示するだけでも貯めることができます。

 

マクドナルドやツルハドラッグ、ジョーシンや大丸など

様々なお店で楽天スーパーポイントを貯めることができますよ。

 

クレジット決済分のポイントと二重取りも可能なので、お得です。

 

楽天市場で買い物するなら、断然楽天カード!

 

楽天カードは、楽天市場でのポイント還元率が常時3%以上で、

毎月5のつく日には5%以上になります。

楽天会員

楽天市場はSPU!というポイントアッププログラムで楽天スーパーポイントの還元率が最大16倍になります。

 

また、楽天市場で楽天カードを使って20,000円以上の買い物をすると、

楽天カードの街でのポイント還元率が2%になるキャンペーンが常時開催されています。

 

楽天市場には、本やCD、DVDをお得に購入できる楽天ブックスや、

日用品をクーポンを使って最大20%OFFで購入できる楽天24などのショップがあります。

 

ちなみに私は、2か月に1回ほど

コンタクトレンズをコンタクト通販 レンズフリーで購入しています。

 

生活に必要なものは楽天市場で購入すると、ポイントがかなり貯まるのでおすすめ

 

楽天カードよりJCB CARD Wがおすすめなのはどんな人?

 

ここまでご紹介してきた内容で、JCB CARD Wには、

  • ポイント還元率が1%
  • Amazonでポイント還元率2%

というメリットがあることをご紹介しました。

 

JCB CARD Wのメリットはそれだけではありません。

続いては、JCB CARD Wならではのメリットをご紹介します。

 

スターバックス好きなら、JCB CARD Wで決まり!

 

JCB CARD Wは、Amazonが優待店の1つでポイント還元率が常時2%ですが、

実は、JCB CARD Wの優待店はAmazonだけではありません。

 

スターバックスカードへの入金も、JCB CARD Wの優待を受けることができます。

 

スターバックスカードへの入金1,000円ごとに11ポイント獲得でき、還元率は5.5%です。

JCB CARD Wなら、かなりお得にスタバで食事を楽しむことができます。

 

【以下の記事でさらに詳しく】

節約嫌いの貯金術

JCB CARD Wは、スターバックスカードへの入金で常時ポイント10倍のお得なクレジットカードです。ポイント還元率は5…

 

そのほか、セブンイレブンでも常時2%昭和シェル石油でも常時1.5%

ポイント還元を受けられます。

 

 

補足:セブンイレブンやビックカメラでポイント10倍キャンペーン

 

JCB発行のオリジナルシリーズのカード(JCB CARD Wを含む)は、

JCB ORIGINAL SERIESパートナーのうちの対象店舗でポイント10倍※になるキャンペーンを実施中です。

※JCB CARD Wなら11倍

 

ポイント10倍にするためには、キャンペーンへの参加登録が必要になります。

詳しくは以下の記事でご紹介しています。

 

 

【楽天カードとJCB CARD W】入会特典で比較!

 

楽天カードとJCB CARD Wはそれぞれに入会特典があります。

 

楽天カードの入会特典は?

 

楽天カードの入会特典は、以下の通りです。

  • 新規入会特典:2,000円分の楽天スーパーポイント(通常ポイント)
  •  カード利用特典:3,000円分の楽天スーパーポイント(期間限定ポイント)

 

合計で5,000円分の楽天スーパーポイントを獲得することができます。

【楽天カードの入会は以下から】

 

JCB CARD Wの入会特典は?

 

JCB CARD Wでは、現在以下の入会キャンペーンを実施しています。

 

【JCB CARD W新規入会キャンペーン概要】

①ポイント10倍キャンペーン

キャンペーン期間:2019年7月1日(月)~12月31日(火)カード発行分

内容:入会から3か月後の末日までポイント還元率10倍(+8倍)(例:8月入会なら11月末日まで)

ポイント付与時期:通常ポイント1倍、JCB CARD Wで+1倍ポイント、キャンペーン分+2倍分はカードご利用締切日の約10日後、

キャンペーン分+6倍分は入会月の約6ヵ月後(8月入会なら2,020年2月ごろ)

JCBオリジナルシリーズ

ポイント還元率が2倍のJCB CARD Wがさらにお得になるキャンペーンです。

ポイント10倍ならポイント還元率は5%になります。

 

さらに上記に加え、

②カード入会時にスマリボ登録をすると登録後3ヵ月間のご利用はポイント10倍になる

キャンペーンが同時開催されています。

対象となるのは~12月31日(火)入会(カード発行)分までです。

 

①と②のキャンペーンを合計すると、ポイント20倍となります。

 

さらにこれだけでなく、対象の店舗でポイント10倍のキャンペーン(※)が開催されているため、

※新規入会者だけでなくカード会員全員が対象

合計のポイント還元率は最大で30倍となります。

 

また、上記以外にも以下の4つのキャンペーンも同時開催中です。(~2020年3月31日まで)

  • 友達紹介で最大6,000円分のJCBギフトカードプレゼント!
  • 家族カード新規入会で最大2,000円分キャッシュバック
  • スマリボ同時登録&利用で、もれなく最大5,000円分キャッシュバック!
  • キャッシング枠セット&ショッピング利用でもれなく1,000円キャッシュバック

 

合計で最大14,000円分のキャッシュバックのチャンスがあります。

 

さらに、JCBカードでは最大20%キャッシュバックのスマホ決済キャンペーンも開催中です。

 

【詳しくは以下で】

節約嫌いの貯金術

JCBが20%キャッシュバックキャンペーンを開催中です。今回は、20%キャッシュバック対象のJCBカードや、キャンペーン…

 

【まとめ】楽天カードとJCB CARD Wはそれぞれにメリットあり!

 

今回は、楽天カードとJCB CARD Wはどちらがお得かをご紹介してきました。

 

簡単にまとめると

楽天ペイ・楽天市場を利用するなら楽天カード、

Amazon、スタバを利用するならJCB CARD Wがおすすめです。

それぞれにメリットがあるので、2枚持ちを検討しても良いでしょう。

 

どちらも年会費はかからないので、2枚持ちしても特に困ることはありません。

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!